サイトマップ

公開日: : 最終更新日:2018/02/22

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取引所大手のコインチェックから流出したもので、改めて仮想通貨に大きな注目が寄せられています。

インターネット画像から

仮想通貨ビットコインに代表されるICO(Initial Coin Offering)には、

①資金調達を目的にしたICO
②通貨として普及し価値を持つことを目的にしたICO
③金儲けのモデルを作ることを目的にしたICO
の3種類があると言われています。

このICOに関しては、メリットとデメリットがあり、特にメリットに魅力を持ち、ICOに投資した結果、多大な損失、犯罪(詐欺)被害に遭うなど社会問題化し、米国、シンガポール、中国、韓国など海外では規制される傾向にあります。

日本でも改正資金決済法(以前当コラムで紹介)で仮想通貨の規制が法制化されましたが、原則「登録制」となっているため、参入し易い環境となっています。中には「登録制」をお墨付きと勘違いして、気軽に仮想通貨を購入する人も見かけます。

確かに、10倍、100倍と購入時の価値が急騰する仮想通貨もあり、仮想通貨バブルが生まれているとの指摘もあります。

バブルとなれば価値が10分の一、100分の一に下落するリスクも抱えていることも忘れてはいけません。

ビットコインの購入者のほとんどは日本人だとも言われ、自己責任によるリスク管理が成熟していない日本社会において、フィルターバブルの影響も重なり、「TheDAO事件」(仮想通貨の流出)の再来が、「NEM事件」により現実のものになったことを私たちは熟慮する必要があると改めて思いました。

ただこの事象だけで仮想通貨を否定することは短絡で、1500種類ものの仮想通貨が出現、市場も60兆円を超えた状況を考えると、問題の発生・問題の克服を通して進化していくものだとの視点も必要だと思われます。

インターネット画像から

仮想通貨に関しては、今後も折に触れ述べていきたいと思います。

何故、日本ではカード決済比率が欧米並みにならないの

カード専門誌に携わっていた時に、海外の国際ブランドの幹部や日本のクレジットカード会社のトップから「日本では、まだまだクレジットカードの伸びる余地がある。」と常々聞かされて来ました。

その後日本ではETCや公共料金、ECなど幅広い分野でのクレジットカード決済が普及し堅調に成長を遂げてきました。しかし、現在に至っても欧米諸国(特に米国)と比較して、その肩に並んだとは言えません。

今回のテーマである「ブランドデビットカード」とは離れているように思われますが、実際は密接な関係があり、課題も共有しています。

そこで、米国と日本でのクレジットカードの普及について、私なりの見方を紹介しながら、「ブランドデビットカード」の日本での景色を見ていきたいと思います。

米国と日本の大きな違い<クレジットスコアの存在>

米国のクレジットカードは、個人の信用力を計る(バロメータ)クレジットスコアにより発行されています。

クレジットスコアは、クレジットカードの発行だけでなく、金融さらに生活全般に影響を持つ診断システムです。

そこで評価によりクレジットカードが発行されるわけですから、クレジットカードを持つこと自体が、自身の信用力を裏付けステイタスとなり、多くの人々の憧れになります。

日本では、個人情報を管理するセンターはありますが、米国のような影響力はありません。

また大学出たてのサラリーマン(何ら社会人としての履歴もない)に、30万円、50万円という高額なショッピング枠(与信)を与え、かつキャッシング枠までも与えています。

こうなるとステイタスというより余程マイナスなことがない限り、誰でも持てるカードであり、クレジットカードの認識、評価は米国とは全く違う経過を辿ることになります。

大衆カード・庶民カードの側面が強いということは、必然的に発行枚数は多い割に利用単価は低くなり、全体的に取扱高を下げる結果を齎します。米国と日本のクレジットカードの取扱額の違いが生じる要因の一つと私は考えています。

米国と日本の大きな違い<ビジネスモデルと国民性>

次に着目したいのがビジネスモデルの違いと国民性による影響です。日本では過去の法規制等もあり、クレジットカードはマンスリークリア(1回払い)がベースとなり進展してきました。

今日でも1回払いは全体の約90%前後を占めており、その傾向は変わっていません。

逆に米国では、前回指摘した通りリボ払いが一般的です。リボとなれば毎月の収入の枠内でクレジットカードを利用する以上(クレジットスコアの信用度にお応じて)の購買意欲が働き利用額は膨らみ、取扱総額を上昇させます。

一方、カード会社はリボ払いによる収益がベースとなることで、加盟店手数料を低めに抑えることができ、加盟店にとってもクレジットカード利用の受入れを促進するモチベーションが働くことになります。

しかしマンスリークリアが一般的な日本では、加盟店手数料に収益のベースを置かなくてはならないため、利益率の低い業種や中小の商店では、加盟店手数料に対する拒否反応もあり、米国と比較して加盟店のモチベーションが高いとは言えません。

それに加えて、日本では四季など折々の節目に即した日常生活が営まれ、生計も「そろばん」に代表されるように、節目に合わせた「出と入り」を自然に頭に置いた「堅実」な社会が形成されてきました。

そのために所得に合わせた堅実な生活の範囲でクレジットカードも利用される傾向が強く、必然的に翌月支払いで生計が見やすいマンスリークリアの利用が一般的になっていると思われます。

このように考えると、米国に比較して日本のクレジットカード取扱高が低いのは、ビジネス構造、生活文化の違いであり、「遅れている」「現金至上主義」という評価は、必ずしも正確ではないかも知れません。

もし、米国並みにクレジットカードの取扱高を伸ばしたいのなら、「マンスリークリア」から「リボ払い」という根本的なビジネスモデルの転換、「社会合意的な堅実性社会」から「自己責任型のリスク管理社会」という価値観の転換に向けたアプローチが必要かも知れません。

このような日本でのクレジットカード事情を考慮しつつ、ブランドデビットカードの普及に関して複眼的な角度でみてみたいと思います。

ブランドデビットカードの理解と可能性

最近のJ-デビットカードとブランドデビットカードの利用動向をみると、2016年(平成28年度)に決済金額が逆転していることが分かります。

 日本のクレジット統計(日本クレジット協会)より

ただし決済額の絶対値が低いため、逆転したといってもカード決済全体に及ぼす影響は無いに等しく波紋にも至っていません。

そうは言ってもこの事象はデビットカードの歴史からみれば、減少傾向のデビットカードに歯止めをかけ、増加へと転じた年になったことは間違いありません。

現在ブランドデビットカードは、VISAブランドとJCBブランドが主流を占め、発行形態はキャッシュカードにデビット機能を付与しているものと、デビットサービス専用のカードがあります。

またVISAブランドを発行する銀行は18行、JCBブランドでは23行となっていますが、メガバンクから地方銀行、流通系・ネット系銀行まで広がってきています。

下図は、その一部を紹介したものです。

J-デビットとの大きな違いは、クレジットカード加盟店インフラをそのまま使い、加盟店手数料等はクレジットカードに準じ、キャッシュバックやポイントサービスが付与されていることです。

また各カード発行事業者により様々な付帯サービス機能が付与されており、各事業者の特徴と工夫が見て取れます。

ブランドデビットカードの発行一例

カード種類名称 摘要
楽天銀行 VISAデビット 年会費1029円、ポイント0.2%還元
ゴールドデビット 年会費3086円 ポイント0.5%還元
JCBデビット 年会費無料 ポイント還元1%
三菱東京UFJ銀行 VISAデビット 年会費1080円初年度無料、
利用額10万・23才以下無料
スルガ銀行 VISAデビット 年会費無料 ポイント還元0.2%
(TP0.5%)キャッシュバック
りそな銀行 VISAデビット 年会費540円初年度無料
ポイント還元0.5%
埼玉りそな銀行 同上 同上
あおぞら銀行 キャッシュカードプラスvisa 年会費無料 ポイント還元0.25%
千葉銀行 スーパーカードJCB 年会費1350円初年度無料他
ポイント還元0.1~0.4%
大垣共立銀行 デビットJCB 年会費1080円ポイント還元0.1~0.4%
北洋銀行 JCBデビット 年会費540円初年度無料
ポイント還元0.1~0.4%
ジャパンネット銀行 VISAデビット 年会費無料キャッシュバック
ポイント還元モール利用1%
近畿大阪銀行 VISAデビット 年会費540円初年度無料等
ポイント還元0.5%
イオン銀行 イオンデビットカード 年会費無料ポイント還元0.5%
住信SBIネット銀行 VISAデビット 年会費無料キャッシュバック
ポイント還元0.6%
三井住友銀行 VISAデビット 年会費無料SMBC条件キャッシュバック
ソニー銀行 VISAWALLET 年会費無料キャッシュバック

カード戦略研研究所作成

日銀レポート「最近のデビットカードの動向」より

こうしたブランドデビットカードの取り組みが、欧米諸国並みの取り扱いにシェアを拡大することができるのか、上記の日銀レポートでは、日本のデビットカード利用が限定的な理由として、

①日本ではクレジットカードの発行審査が海外ほど厳しくなく、クレジットを保有している人が多いこと(すなわち、「クレジットカードが持てないので止む無くデビットカードを持っている」といった人が少ないこと)

②クレジットカードとデビットカードの両方を持つ人が、敢えてデビットカードの方を使うインセンティブが生じにくいこと(すなわち、デビットカードは即時引き落としだがクレジットカードは時間を置いての引き落としとなるため、通常は後者が選好されやすいとみられる)

③少額決済の分野では、引き続き現金が広範に使われているほか、電子マネーなども広く使われ、そのシェアを崩すのは容易ではないこと。を挙げています。

カード決済ビジネスの構造自体に内在する要因と少額決済事情が、デビットカード普及を阻止しているとレポートでは指摘している訳ですが、本稿でこれまで述べてきた認識は一致しています。

次回は、こうした理解を通して、ブランドデビットに特化して普及の可能性を探ってみたいと思います。

関連記事

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<中編>

VISAやMasterなど国際ブランドクレジットカードでは、現金と同様に使えるサービスを提供すること

記事を読む

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<前編>

ポイントカード・マーケティング論を暫くはお休みさせて頂き、今般成立したIR実施法(統合型リゾート)に

記事を読む

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるの

記事を読む

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10

記事を読む

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です。

記事を読む

ポイントカードマーケティング論 そのⅣ

政府は、2018年6月15日の閣議で「経済財政運営と改革の基本方針2018」を決定、少子高齢化の克服

記事を読む

プリペイド決済の光と陰<2>

1.プリペイドカードビジネスは儲かるの?・・その1・・ クレジットカードビジネスは事業性を確立

記事を読む

ポイントカード・マーケティング論 そのⅡ

はじめに経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」について、少し述べさせてもらいます。同ビジョ

記事を読む

ブランドデビットカードの景色(そのⅠ)

J-デビットカードとの出会い デビットカードの説明は、既に末藤先生が2015年1月に「語り部の徒然

記事を読む

国内キャッシュレス決済比率「19%」は本当か

プリペイドカード決済の光と影<6>の最終稿を掲載する予定でしたが、キャッシュレス化比率に関しての最近

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する お金を借りるを本気で「学ぶ」方を応援
クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
IR・カジノとキャシュレス社会を考える<中編>

VISAやMasterなど国際ブランドクレジットカードでは、現金と同様に使えるサービスを提供することを目標にしていますが…

カードバカ連載 カードあれこれ 第19回 「キャッシュレスとカードレス」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第18回 「キャッシュレスの師匠」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<前編>

ポイントカード・マーケティング論を暫くはお休みさせて頂き、今般成立したIR実施法(統合型リゾート)について賛成か反対かは別にして、私なりの考えを述べてみたいと思います。 …

カードバカ連載 カードあれこれ 第17回 「人口知能で実現してほしい夢」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅢ

「働き方改革」法案が衆議院で可決、参議院に送致されました。それぞれ立場により賛成反対はあると思いますが、人口減少社会の到来、AI(人工知能)やIOTの加速度的な進展による社会構造の変化など、これまでに …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅡ

はじめに経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」について、少し述べさせてもらいます。同ビジョンでは2025年にはキャッシュレス化40%、さらに近い将来80%を目標にしていくことが宣言されました …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅠ

ポイントを仮想通貨に交換するサイトが動き始めています。単にポイント交換対象のメニューに仮想通貨が加わったと見るのは短絡で、ポイント戦略(性格)を大きく変える動きになるのでは見ています。 今後の動 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅢ)

今回も冒頭に仮想通貨に関連したことを紹介します。警察庁の29年度版の「犯罪収益移転防止に関する年次報告書」(下図)が公表され、詐欺などマネーロンダリングの疑いがある金融関連の取引数が発表されました。 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取引所大手のコインチェックから流出したもので…

ブランドデビットカードの景色(そのⅠ)

J-デビットカードとの出会い デビットカードの説明は、既に末藤先生が2015年1月に「語り部の徒然日記」で語られていますが、その最後に、今後デビットカードが伸びるか否かは…

プリペイド決済の光と陰<6>

米国ではハウス型のオンラインギフトカードを抜き、汎用型のブランドプリペイドカードが拡大しています。日本においてもブランドデビットカードと共に、ブランドプリペイドカードの普及が期待されています。…

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑