サイトマップ

公開日: : 最終更新日:2018/02/21

プリペイド決済の光と陰<6>

米国ではハウス型のオンラインギフトカードを抜き、汎用型のブランドプリペイドカードが拡大しています。日本においてもブランドデビットカードと共に、ブランドプリペイドカードの普及が期待されています。

クレディセゾンを初め日本のクレジットカード会社でも、ブランドプリペイドカードの本格的な取り組みがスタートしています。

新たな決済インフラの整備が不要(既存のクレジットインフラを使用、管理センター機能は新たに整備する必要がありますが。)で、従来のような過大投資の必要もないため、普及に拍車をかけることになるかも知れません。

現段階では磁気式が主流ですが、今後EMV非接触ICカードの普及によるブランドプリペイドカードの登場も予想されています。

クレディセゾン決算資料より

Edyから見る汎用電子マネー事業の課題

さて、Edyに戻ります。

特定の企業に組みせず、独立型の汎用電子マネーを目指したビットワレット社、その社名もソニーが取り組む電子マネー事業ではなく、広く多くの企業が参加できるオールジャパンを目指すとの意思から考えられたと言われています。

しかし、これまでに紹介したようにオールジャパン構想は、設立から8年を経て、その旗を降ろす結果になりました。正確に言えば、楽天グープに引き継がれ、楽天という冠を戴して再スタートしたということになります。

ここに、2008年で使用されたビットワレット社のプレゼン資料の一部があります。

ビットワレット社資料

ビットワレット社も過去の他社事例から、Edy事業の課題を十分認識していたことになります。その課題を克服するための戦略、戦術として①~③を挙げて事業展開してきたわけです。

ただ、この時点(2008年)で、「過去の他社の事業トライアルでの課題」「ビットワレット社のチャレンジ」とした中の赤字部分が気になります。2001年から2008年までの経緯の中で、「トライアル」「チャレンジ」と敢えて使っている点です。

他社の事業はトライアル(実験)ではなく、実業であり本格的な事業展開でした。またEdy事業8年を経っても、これまでのビットワレット社の取り組みを、チャレンジと位置付けていたことに何かピタッリと来ないのです。

チャレンジという言葉が、ここでは「チャレンジなら失敗しても、どこかで仕方がない。」と聞こえてくるのは、うがった見方なのでしょうか。

もちろん、誰もチャレンジをネガティブに捉えていたとは思いませんし、ポジティブに捉えてのチャレンジであったと当時を知る一人として疑う余地はないのですが、一方で、失敗を恐れず技術開発にチャレンジした技術者の軌跡(チャレンジ)とは違うのではとの思いも、心の片隅から消えないのです。

360億円以上を投資して偉大なるチャレンジというなら、その十分の一程度の費用でトライアルを、もう少し慎重に積み重ねても良かったのではないか、そんな思いが今もあります。

電子マネーではないのですが、非接触ICカードを使った共通ポイントカード(資本金10億円超)事業を展開したいと、資本金1億円で準備会社を設立して、事業化に向けてプロジェクトをスタートさせた企業群がありました。

途中で、私の方に事業展開の可能性を検証して欲しいとの依頼があり、様々な要素(事業計画分析、市場分析、SWOT分析等)を加味して、その可能性を分析しました。その結果は、大変に厳しいもので、かなり甘く見積もっても

プロジェクトの当初計画は期待できないとシビアな判断を伝えました。

プロジェクトの中には、不満を持つ人もいたようでしたが、終盤にプロジェクトのリーダー(プロジェクトで最も資金、組織上で影響のある企業から派遣されて役職者)から個人的に呼び出され、重ねて意見(本当にどうなのか)を求められました。

私は、可能性がゼロ(これまで事業化に向けて頑張って来た担当者の顔を思い出し)とは言わないが、最低必要と思われる条件が整っていないこと、また整えようとすれば、不利な条件で取引を拡大しなくてはならないことなどを挙げて、極めてリスクが高いと進言しました。

結局、プロジェクト(準備会社)は解散されました。今でも、その判断が正しいかったのか、間違っていたのかは結論付けられませんが、先行投資、先行赤字型ビジネスの宿命を負い、厳しい状況に立たされたことは間違いないと考えています。

課題克服のために、ビットワレット社が2008年頃までにチャレンジ(導入・終了)してきた一部を、雑誌記事や資料等から参考に列挙してみたいと思います。

①am/pm(2010年にファミリーマートが吸収合併)で全店導入

②仙台「スーパーアサノ」導入で「高利用率モデル」を生む

③ANAマイレージカードと提携クレジットカードへのEdy搭載

④沖縄でEdy普及、九州地区で広がる

⑤ソニー4社員証へのEdy搭載をきっかけに、東京三菱銀行(当時)の行員証、ソニー学園湘北短期大学の学生証・教職員証へのEdy搭載が実現した。

⑥各社クレジットカードへのEdy搭載

⑦三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行法人口座、大垣共立銀行、スルガ銀行ANA支店、楽天銀行などのキャッシュカードでEdy搭載を実現

⑧郵貯ICカードにEdy搭載(再発行終了)

⑨郵貯ATM・窓口端末設置計画は最終的に中止となる

⑩三菱東京UFJ銀行でも「スーパーICカード」、2010年6月をもって発行・再発行が終了となっている

⑪2004年7月のNTTドコモによるFeliCa搭載携帯電話の発表に 合わせて、Edy機能の携帯電話への搭載が実現された(おサイフケータイ)

⑫2005年9月にはKDDI、2005年11月にはソフトバンクのおサイフケータイにEdyが搭載された。Edyの利用者はおサイフケータイ保有者全体の2割程度に留まる

⑬インテル出資で、ソニーやNEC、東芝、富士通、デルなどの一部のPCにFeliCaのリーダライタが内蔵され、外付けのPaSoRiと合わせて1千万台以上のPCでEdyが使えるように

⑭2ソニーの液晶TV「BRAVIA」のリモコンにFeliCaのリーダライ タを内蔵し、EdyへのチャージやEdyでの一部の有料放送の料金支払いなど可能となった

⑮「Edyでポイント」の提携先は、ANA、楽天、KDDI、Tポイント、ヤマダ電機、ベルメゾン、NEXCO中日本の7社に。成果は提携先取り組み方で大きく左右された

これらの事業活動を通して、ビットワレット社の幹部は、以下の3点を教訓(反省)として挙げています。

①ユーザーに直接リーチできる会員組織がなかった。
②電子マネーの利用場所を自社で持っていなかった。
③インセンティブプログラムは他力本願であった。

しかし、この3点の教訓は、当コラムで以前に指摘した第一期プリペイドカード時代の栄枯盛衰で得られた教訓と全く同じものです。

私見ではありますが、ビットワレット社が一度立ち止まって再検討をすべきであった機会が数回あったと思っています。

その中でも、Suicaとの連携とセブンイレブンからの依頼に関するビットワレット社の判断は、その後に大きな影響を与えたと思っています。

具体的には、

①交通系Suicaとの事業連携が実現できなかった時です。

Suicaのメモリー空き領域にEdyを搭載する共通端末の検討がなされたが、両者の話し合いがまとまらず、開発は中止になった。

Suica仕様の全国共通交通網構想を考えれば、電子マネー事業者としては最大のチャンスであったと考えられます

②セブンイレブンからの依頼を断ったことです。

セブン-イレブンより、セブン-イレブン向けに独自ブランドの電子マネーの仕組みを開発・提供の依頼に対して、Edyのビジネスに大きく影響することはないと断る。それ以降のCVS加盟の経緯を見ると、WINWINの関係を

目先(Edyがセブンイレブンに縛られてしまう。自分たちの構想と離れてします等)の判断で断ったことは残念です。

もし、クオカードの前身(セブンイレブンカード)前後の歴史と、その後の展開を分析すれば、もう少し違った判断ができたのではと思います。

③「 FeliCaプラットフォーム事業」を受託できなかったことです。

「 FeliCaプラットフォーム事業」を受託できず「フェリカ・ネットワークス」で事業化(ソニー意向)。 FNに対して高額のプラットフォーム使用料を追加で支払うこととなったことです。

FeliCaを前提に事業展開するビットワレット社にとって、事業インフラとなるFeliCaプラットホーム使用料を支払うことは全く予定になかったことではなかったのか。既にこの時点で、Edy電子マネー事業に対するソニー側のスタンスが変わったと判断すべき事柄だったかも知れません。

いづれにしても、今だから勝手に言えることで、それを証明することはできません。

歴史的洞察と背景を読み解く思考力、それらを軸として「汎用プリペイド決済ビジネスの最終的なベネフィット」を生むためのモデルを、これまでの歴史から材料を抽出し改めて考えていく必要があると思います。

プリペイド決済ビジネス参入への視点

さて、プリペイドカード・電子マネービジネスに参入すること自体は、さほど障壁は高くなく、ハウス型モデルの場合に関しては、マーケティングツール、顧客の囲い込み・維持など販促ツールとして、ポイント戦略と併用・連動することで、一定の効果を上げているといえます。

カード戦略研究所作成

企業側が、何のために、どのような効果を期待して導入をしようとするのか、その目的に応じてプリペイド決済の形態・特徴(上図)を選択し組み合わせ、適切な戦術を構築することがハウス型プリペイド決済ビジネスの基本的なアプローチと私は理解をしています。

また流通型、インフラ型プリペイドカードビジネス、とりわけ電子マネービジネスは、日銀のレポートにおいても年々増加傾向を示し、新聞報道でも取り上げられていますが、取扱高、収益性の観点から見ると、本業あるいはグループに支えられているのが現状であり、消費者利用面でも、Suicaなどを除いて、ポイントサービスなどが無ければ利用拡大も望めない電子マネーも多く見受けられます。

電子マネーがキラーアプリか、ポイントサービスがキラーアプリなのか、そんな疑問も湧いてきます。

一方、汎用プリペイド・電子マネービジネスは、汎用故に「どこでも、だれでも、いつでも」というサービスを提供するために、会員獲得においても、インフラ整備(加盟店網)においても、相手との交渉で、なかなか主導権が取れず、時間、コストを莫大に費やさなければならない構造を持っていることを十分に理解しなくてはならないと歴史が教えています。

イシュア・加盟店・利用者のWINWINの関係を、このような構造の中で、どう築くことができるのか、汎用型ビジネスはハウス型以上に利害関係が多層化することと、少額市場ゆえに、より規模のビジネスとしての要求が厳しいことも含め、成功への要件は狭められると言えます。

Edyは楽天Edyとして新たなステージに立ちましたが、VISAやJCBといったブランドライセンシーに軸足を置くのか、あるいは楽天戦略の基盤に立って電子マネー事業を展開するのか、そのカギはEdyにあるのではなく、楽天の企業戦略の中で、Edyをどう位置づけるのかにあるようです。いずれにしても今後の展開を注目したいと思います。

 

関連記事

国内キャッシュレス決済比率「19%」は本当か

プリペイドカード決済の光と影<6>の最終稿を掲載する予定でしたが、キャッシュレス化比率に関しての最近

記事を読む

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する 

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小

記事を読む

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取

記事を読む

ブランドデビットカードの景色(そのⅢ)

今回も冒頭に仮想通貨に関連したことを紹介します。警察庁の29年度版の「犯罪収益移転防止に関する年次報

記事を読む

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10

記事を読む

プリペイド決済の光と陰<2>

1.プリペイドカードビジネスは儲かるの?・・その1・・ クレジットカードビジネスは事業性を確立

記事を読む

ポイントカード・マーケティング論 そのⅠ

ポイントを仮想通貨に交換するサイトが動き始めています。単にポイント交換対象のメニューに仮想通貨が加わ

記事を読む

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<前編>

ポイントカード・マーケティング論を暫くはお休みさせて頂き、今般成立したIR実施法(統合型リゾート)に

記事を読む

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です。

記事を読む

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるの

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する お金を借りるを本気で「学ぶ」方を応援
クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
IR・カジノとキャシュレス社会を考える<後編―1>

この原稿を書いている最中に、消費税10%の緩和策として中小店でのキャッシュレス決済に関して、2%のポイント還元を行う案が政府側から出されたと報道がありました…

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<中編>

VISAやMasterなど国際ブランドクレジットカードでは、現金と同様に使えるサービスを提供することを目標にしていますが…

カードバカ連載 カードあれこれ 第19回 「キャッシュレスとカードレス」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第18回 「キャッシュレスの師匠」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<前編>

ポイントカード・マーケティング論を暫くはお休みさせて頂き、今般成立したIR実施法(統合型リゾート)について賛成か反対かは別にして、私なりの考えを述べてみたいと思います。 …

カードバカ連載 カードあれこれ 第17回 「人口知能で実現してほしい夢」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅢ

「働き方改革」法案が衆議院で可決、参議院に送致されました。それぞれ立場により賛成反対はあると思いますが、人口減少社会の到来、AI(人工知能)やIOTの加速度的な進展による社会構造の変化など、これまでに …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅡ

はじめに経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」について、少し述べさせてもらいます。同ビジョンでは2025年にはキャッシュレス化40%、さらに近い将来80%を目標にしていくことが宣言されました …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅠ

ポイントを仮想通貨に交換するサイトが動き始めています。単にポイント交換対象のメニューに仮想通貨が加わったと見るのは短絡で、ポイント戦略(性格)を大きく変える動きになるのでは見ています。 今後の動 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅢ)

今回も冒頭に仮想通貨に関連したことを紹介します。警察庁の29年度版の「犯罪収益移転防止に関する年次報告書」(下図)が公表され、詐欺などマネーロンダリングの疑いがある金融関連の取引数が発表されました。 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取引所大手のコインチェックから流出したもので…

ブランドデビットカードの景色(そのⅠ)

J-デビットカードとの出会い デビットカードの説明は、既に末藤先生が2015年1月に「語り部の徒然日記」で語られていますが、その最後に、今後デビットカードが伸びるか否かは…

プリペイド決済の光と陰<6>

米国ではハウス型のオンラインギフトカードを抜き、汎用型のブランドプリペイドカードが拡大しています。日本においてもブランドデビットカードと共に、ブランドプリペイドカードの普及が期待されています。…

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑