サイトマップ

公開日: : 最終更新日:2015/07/05

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき

ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます。

一方、一昔前までは、蛇頭に手引きされて日本に密入国してきた中国マフィアは、「日本では、道のいたるところに金庫(ATM)がごろごろ転がっている」と言って喜んでいました。

現在は、ATMは悪名高いオレオレ詐欺の重要な道具の一つとなっています。ATMは便利ですが危険でもある代物です。本項では、すこし突っ込んでATMについて調べてみましょう。

1. ATMとは

ATM(automated teller machine)とは、銀行や貸金業者が提供する現金出納などのサービスを顧客自身の操作によって取引できる機械のことです。

ATMの機能は次ぎの述べるように多岐に渡ります。なお、ATMは現金の引き出しと残高照合のみを扱うCD (cash dispenser, 現金自動支払機とは異なりますが、両者をまとめてATMと呼ぶこともあります。

2. ATMの誕生・・「ハブ&スポーク」の落とし子

1990年代、バブルが崩壊し、銀行は政府による「護送船団方式」という保護政策から切り離されて厳しい競争時代に入りました。

バブルの後遺症として当時の銀行は多額の不良債権を抱え、コスト削減と経営効率の強化を強いられました。

コスト削減を実現するのに最も手っ取り早い方法はあまり儲からない支店を整理すればよいのですが、これを推し進めると預金者に便利性を損ないます。

その結果考案されたのがいわゆる「ハブ&スポーク」方式です。これは、コスト削減と顧客離れの抑制という二律違反の要請を解決する苦肉の策です。

一つの大きな支店(ハブ)を残し、その回りに経営コストがかからないATM(スポーク)ばら撒くという構想です。ATMはこの構想の下、20世紀から21世紀の移行期に多くの銀行で誕生したといえましょう。

(筆者注)ATMは次に述べるようにフルスペック型と簡易型の2つに分けられます。フルスペック型の誕生日は残念ながら見つかりません。コンビニに置かれている簡易型は以下に示すようにはっきりしています。

3. コンビニATMの誕生

「ハブ&スポーク」方式によるATMの展開において大いに活用されたのが、全国に店舗を展開するコンビニとスーパーマーケットの活用でした。

銀行はこれらの店舗と提携し次々と簡易型ATMを設置していきました。その先頭を切った動きを次に紹介しておきます。

  • 1998年11月、三和銀行(現:三菱東京UFJぎんこう)がローソン内に設置されていたCDによるサービスを開始しました。
  • 1999年3月、さくら銀行(現:三井住友銀行)がam/pmでATMを設置しました。このATMには同年7月、「アットバンク=@Bank」という愛称が付けられました。
  • 1999年9月、複数の銀行が共同で国内初のATM運営会社イーネットを設立、
    同社は翌10月8日に第1号機の稼動を開始しました

4. ATMの機能

ATMは銀行に設置されているフルスペック型とコンビニなどの店舗に設置されている簡易型の2つに大別されます。

簡易型ATMは紙幣の入出金と残高照合を、一方、フルスペック型ATMは通常以下のとおりの機能を備えています。

(ア) 預貯金口座からの引き出しと口座への預け入れ(紙幣と硬貨)
(イ) 貸付金の現金返済
(ウ) 貸付金の引き出し
(エ) 預金残高の照合
(オ) 振込み、振り替え
(カ) 暗証番号の変更
(キ) 債権や外国通貨の購入申込み
(ク) 宝くじの購入、など

5. ATMに対する法規制

1980年代初めから1997年まで、大蔵省は、機械化行政に関する銀行局長通達を発出し、銀行が保有できるATM保有台数、設置場所、稼動時間帯などをきめ細かく規制しましたが、その後金融自由化の流れが進み、1997年同通達が廃止されてこれらの制限はなくなりました。

現在キャッシングやATM関連の手数料を規制しているのは、改正資金業法12条の八改正出資法5条の四並びに改正利息制限法6条です。

従来はこの手数料は金利に含まれていましたが、これら3法の改正により、手数料は個別表示となり、銀行はATM引出金額や引出曜日・時間帯でそれぞれ異なる手数料を徴集しています。

6. ATM犯罪とその手口

これまで実際に発生した事件を整理しました。

犯罪

粗暴犯罪

  • かな梃子によるこじ開け
  • 爆破
  • パワーシャベルによる破壊と持ち去り

知能犯罪

  • 振込め詐欺
  • 来日外国人によるATMからの多額な現金引出し(自分の国のATMの引き出し上限額が低いので、日本に出向き引き出し上限額の高い日本のATMから引出す)
  • 幼児誘拐(プリペイド式携帯電話、銀行の休眠口座、ATMを利用した誘拐事件)
  • クレジットマスターなどの不正ウイルスによりPIN情報を探知し偽造カードを作成する

手口

ATMをめぐる犯罪は、まず暗証番号(PIN)を探知することから始ります。

  • 生年月日、住所の番号などから暗証番号を推測する
  • 酔わせて聞き出す
  • 脅して聞き出す
  • ATMに入力されているPINを肩越しに覗き見する
  • 警官やカード会社の社員になりすまして聞きだす
  • ATM管理会社の社員からの情報横流し
  • スキマーを使用する
  • フィッシングサイトを利用する
  • タッピング(ATM回線からの盗聴)を利用する
  • エステサロンやゴルフ場では、客はロッカーの施錠になにげなく自分のPINを使うことが多いのです。犯人はこれに着目してロッカーに小型カメラを設置しておき、客が打ち込む番号を読取りPINを推測します

7. 犯罪対策

  • ATMが読取りATM回線で流すクレジットカード情報をすべて暗号化する
    (日本では、コンビニなどにおいてあるATMとカード会社間のやり取りはほとんど暗号化が完備していますが、海外でATMを使用する場合は、要注意です)
  • 監視カメラを設置する
  • ATMに肩越しの覗き見の防止壁を設置する
  • ATM製造・操作マニュアルを閲覧できる人を制限する
  • 異なったPINを数回打ち込まれた場合(いわゆるためし打ち)、カードそのものを吸引する、あるいはATMそのものの動きをフリーズしてしまう装置を組み込む
  • 粗暴犯罪に備え、外部から不当な圧力が加えられた場合、ATM内部に保管されている銀行券を切り刻む、あるいは特殊なインクで着色する装置を設置する
  • PIN入力ボタンの配置を一定の間隔で変更する仕組みとする
  • タッピング防止策としてATM回線とCAFIS回線の接続部分を強化する
  • ATM取扱担当者は必ず複数として、相互チェック体制を確立しておく
  • ATM側面に備えられた屑箱から中身が取り出せないようにする

8. 初期のATMをめぐって発生した有名な事件

(ア)近畿相互銀行オンラインセンター事件
1981年に発生した事件です。

犯罪行為・・・

(イ)磁気テープとカードの表面文字の改ざんによって偽造カードを作成し、990万円を引出しました。
(ロ)12枚の偽造カードを作成し、1018万円を引出しました。

刑法適用上の問題点・・・
当時の刑法は、この種の犯罪を想定していませんでしたので、次の点が裁判で争われました。

(イ)キャッシュカードは文書といえるか
(ロ)カードの偽造は私文書偽造罪にあてはまるのか
(ハ)偽造カードの使用は私文書行使といえるのか

これらの問題は結局最高裁まで持ち込まれ、次ぎの判決(昭和58年11月24日)が下されました。

(イ) キャッシュカードの偽造は私文書偽造罪で処断する
(ロ) ATMへの偽造カードの挿入はし私文書偽造行使罪で処断する
(ハ) 現金引き出しは窃盗罪で処断する

(イ) 富士銀行ゼロ暗証番号事件

1988年に発生した事件です。当時、銀行の窓口では顧客に対し「暗証番号は覚え易いように、生年月日や住所の番地で決めるとよい」と指導、一方カードの磁気テープにはPINをそのまま(平文)入力していました。

犯罪行為・・・
犯人はATMの屑箱から拾い出した利用明細書に記録されたカード情報を使って偽造カードを作成し、ATMから現金を引き出しました。

ゼロ暗礁番号方式の導入・・・
富士銀行はこの事件を契機に、これまでのPINの平文打ち込み方式を改め、磁気テープ上のPIN打ち込み位置には4つのゼロを並べて書き込み、自行のホストコンピュータに預金者のPINを記録して客が引き出し時に打ち込むPINと照合する現在の方式を採用しました。

9. ATMをめぐる思い出

私は機会があって1988年にソウルで開催された第24回ソウル・オリンピックと1994年に広島で開催されたアジアスポーツ大会に、VISAとMasterCardのグローバルATM展示の責任者として参加することができました。

当時初めてATMを見る人たちはATMを取り囲み、「あの箱の中には人が座っている」と囁きながら現金引出操作を見物していました。サッカーの神様(?)、ペレのサイン入りボールを貰いました。懐かしい思い出となっています。

関連記事

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありませ

記事を読む

おサイフケータイ

まえがき 牛若丸と弁慶、武蔵坊弁慶の七つ道具、皆さん御存知ですね。この七つ道具、弁慶が登場する

記事を読む

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の

記事を読む

決済

ヤップ島における石貨のヤリトリ シェークスピア劇ヴェニスの商人「胸肉1ポンド」 ニ

記事を読む

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったり

記事を読む

提携カード

提携カードとは 広辞苑によれば、「提携」とは、「手を取り合って互いに助けること」と定義されてい

記事を読む

ID アウトソーシング 

アウトソーシングとは アウトソーシングを直訳すると「外部の資源」となります。業界では、「自

記事を読む

クレジットカードの落とし穴

まえがき クレジットカードが日本に導入された1960年ごろでした。その時から数えると、約半

記事を読む

貸金業法

1. まえがき 「お金を貸す」という言葉を聞くと、私どもはすぐ、高利貸しとか、ヤミ金とか悪

記事を読む

チャージバックの認知度

一般のクレジットカード利用者は、どの程度「チャージバック」というカード取引上のトラブルや不正

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する お金を借りるを本気で「学ぶ」方を応援
クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
IR・カジノとキャシュレス社会を考える<後編―1>

この原稿を書いている最中に、消費税10%の緩和策として中小店でのキャッシュレス決済に関して、2%のポイント還元を行う案が政府側から出されたと報道がありました…

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<中編>

VISAやMasterなど国際ブランドクレジットカードでは、現金と同様に使えるサービスを提供することを目標にしていますが…

カードバカ連載 カードあれこれ 第19回 「キャッシュレスとカードレス」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第18回 「キャッシュレスの師匠」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<前編>

ポイントカード・マーケティング論を暫くはお休みさせて頂き、今般成立したIR実施法(統合型リゾート)について賛成か反対かは別にして、私なりの考えを述べてみたいと思います。 …

カードバカ連載 カードあれこれ 第17回 「人口知能で実現してほしい夢」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅢ

「働き方改革」法案が衆議院で可決、参議院に送致されました。それぞれ立場により賛成反対はあると思いますが、人口減少社会の到来、AI(人工知能)やIOTの加速度的な進展による社会構造の変化など、これまでに …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅡ

はじめに経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」について、少し述べさせてもらいます。同ビジョンでは2025年にはキャッシュレス化40%、さらに近い将来80%を目標にしていくことが宣言されました …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅠ

ポイントを仮想通貨に交換するサイトが動き始めています。単にポイント交換対象のメニューに仮想通貨が加わったと見るのは短絡で、ポイント戦略(性格)を大きく変える動きになるのでは見ています。 今後の動 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅢ)

今回も冒頭に仮想通貨に関連したことを紹介します。警察庁の29年度版の「犯罪収益移転防止に関する年次報告書」(下図)が公表され、詐欺などマネーロンダリングの疑いがある金融関連の取引数が発表されました。 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取引所大手のコインチェックから流出したもので…

ブランドデビットカードの景色(そのⅠ)

J-デビットカードとの出会い デビットカードの説明は、既に末藤先生が2015年1月に「語り部の徒然日記」で語られていますが、その最後に、今後デビットカードが伸びるか否かは…

プリペイド決済の光と陰<6>

米国ではハウス型のオンラインギフトカードを抜き、汎用型のブランドプリペイドカードが拡大しています。日本においてもブランドデビットカードと共に、ブランドプリペイドカードの普及が期待されています。…

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑