サイトマップ

公開日: : 最終更新日:2015/06/03

現金社会とクレジットカード

まえがき

「消費大国である日本では諸外国に較べてクレジットカードがあまり利用されていない、なぜか?」という質問を、私は、VISAやMasterCard本部からときどき来日するお偉いさんから受けました。

「低い」と言ってぶつぶつ嘆くタイプと、「低い、だから将来性がある」と勇み立つタイプとがありました。この質問をめぐる会話によく出てきた単語に「現金社会」と「カード利用度」という言葉がありました。

当時は私もこれと言った智識もなく、もっぱら聞き役に回っていました。今となり、すこし答え方がわかってきたような気がします。

ミャンマーも徹底した現金社会だそうですが、統計はありません。以下は日本について調べたものです。、いくつかの角度から日本人の現金選好(嗜好性)ををまとめてみましょう。

1.現金社会とは

現金社会とは「現金選好が高い社会」、「現金嗜好が強い社会」、あるいは、「現金を持っていることで安心し、現金で支払うことを好む人が多い社会」という意味です。

「金選好」という言葉があります。金(gold)を好む意味です。それなら現金選好という言葉が生じました。ある国、ある社会が現金社会であるかどうかは、あくまで比較の問題です。

一定の定義があるわけではありません。いろいろな統計の数字を較べてみて「この国は現金社会」と言うわけです。

2.現金社会を示す統計

●日銀2012年の調査資料 現金が個人金融資産に占める割合

日本 米国
2003年度末 56.2% 15.5%
2008年度末 55.4% 15.2%
2011年度末 55.7% 14.7%

●クレディセゾン2011年度決算説明資料 決済手段の比較

日本(年度末) 米国(年末)
現金 59.1% 19.4%
クレジットカード 11.1% 24.5%
デビットカード 0.3% 20.6%
銀行振込・口座振替 21.1% 12.9%
プレペイドカード・電子マネー 1.7% 4.4%
コンビニ決済 3.0%
小切手 18.1%
代金引換 1.3%
ペイジー 2.3%

●VISA Worldwide Japan調べ 2012年1月11日 日本の決済手段比率

現金 84.0%
クレジットカード 14.4%
プレペイドカード・電子マネー 1.3%
デビットカード 0.3%

●㈱JP Press社調べ 2010年1月19日

日本では、取引の85%が現金で決済されている。クレジットカード利用率は13%にすぎない。

●ATM現金引出限度額 YAHOO 検索

日本 原則として50万円
米国 大手銀行 400ドル(約4万円)
小銀行 200ドル(約2万円)
特約で 1,000ドル(約10万円)

3. クレジットカード利用度とは

「クレジットカード利用度」は簡単にいうと買物をする際、貴方はどの程度クレジットカードを使うか、ということです。

カードの使用頻度が高ければ、「クレジットカードの利用度」が高い、というわけです。現金社会と言う言葉があるのならば、「カード社会」と言う言葉があるはずです。

なぜ、現金社会やカード社会が存在するのでしょうか? 理由はいろいろあるようです。後で説明しましょう。

4.クレジットカード利用度を示す統計

●㈱フェアカード社調べ

2001年から2010年までの10年間で、カードの利用率は2倍の伸びを示したが、民間最終支出に占めるクレジットカードの支払額の割合は12%に過ぎない。

2000年 6%
2005年 8.2%
2008年 10.3%
2009年 11.3%
2010年 12.0%

●同上

日本 米国 韓国
一人当たりのクレジットカード 2.7枚 2.6枚 2.1枚
保有枚数カード利用率 12% 24% 58%

●日本通信販売協会 第30回通信販売企業実態調査報告書 決済手段の比較

2007年度 2010年度 2011年度
郵便為替 16.0% 13.0% 12.1%
代金引換 33.8% 32.5% 32.6%
コンビニ支払 23.6% 24.1% 24.3%
銀行振込 5.7% 4.7% 5.9%
クレジットカード 17.7% 23.2% 23.8%
電子マネー 0.6% 0.8% 0.4%

●東大医学部付属病院の会計窓口 筆者調べ

ある日の午前11時から12時までの1持間における現金・クレジットカード
併用支払機の利用状況・・・・クレジットカード利用者 10人に1人 10%

●タクシー料金のクレジットカード払い・・・・筆者調べ

  • 40人の乗客中 カード支払客は5人…12.5%
  • 24人の乗客中 カード支払客は3人…13%
  • 現在ほとんどの大手タクシー会社はクレジットカード会社の加盟店となっている。
  • 個人タクシーはクレジットカードを扱わない。理由としては、加盟店手数料が高い。運転手がカード払いを嫌がる。個人タクシーは加盟店になり得ない。端末機のコストが高い、などの点が挙げられます。

●日本の消費者信用統計 平成25年版 日本クレジット協会

  • ショッピング金額の民間最終消費支出に占める割合…17.4%
  • 現金…56.2%
  • クレジットカード…16.2%
  •  デビットカード…9.3%
  • 電子的支払…26.9%
  • 電子マネー…0.5%

5.クレジットカード利用度の国別比較

●日本経済新聞 2012年4月25日夕刊

2010年におけるクレジットカードを使った決済額の合計が民間最終消費支出に占める割合

日本 19.7%
韓国 50%
米・英国 30%程度

●日本の消費者統計25年版 日本クレジット協会 各国のクレジットカード利用率

日本 12%
韓国 58%
米国 54%
英国 53%

●YAHOO 知恵袋検索

カナダ 50%
韓国 50%
オーストラリア 37%
英国 27%
米国 20%
日本 7%

●VISA Worldwide Japan 2012年1月11日調べ

ノルウエー 85%
香港 63%
オーストラリア 54%
ニュージーランド 54%
中国 41%
米国 35%
マレーシア 30%
アラブ首長国連邦 24%
日本 14%
サウジアラビア 14%
フィリッピン 9%
ロシア 7%

●㈱フェアカード社調べ 民間最終消費支出に占めるクレジットカード決済の割合

日本 12%
韓国 58%
米国 54%
英国 53%

● 経済産業省報告 平成22年度「わが国におけるキャッシュレス社会の今後の進展に関する調査分析」

現金 クレジットカード デビットカード 電子的決済
日本 57% 16% 26.6%
米国 21.3% 27% 17% 34%
英国 24.7% 17% 27% 31%
フランス 22.9% 32% 28% 17%
韓国 33% 39% 5% 17%

6.クレジットカード利用度が低い理由

私なりに考え、まとめた理由をいくつか並べておきます。外に適格な理由をご存知の方は是非教えてください。

① 基本的な理由

クレジットカード導入時、銀行は銀行法第5条により、直接クレジットカード業務を行うことができず、カード分野への進出意欲が薄かった。

  • クレジットカード業務は周辺業務と位置づけられていた。
  • キャッシング(現在の銀行ローン)は金融商品とはみとめられていなっかた。
  • 1961年割賦販売法制定時の国会付帯決議により、銀行系カード会社は、リボルビングの取扱を禁止されていた。
  • 個人信用情報機関の業態を仕切る壁が高かった。

② 国民性による理由

  • 日本は金(現金)選好が高い国である。
  • 多発するカード犯罪により、「カードは怖い」という意識が強く、カードへの抵抗感、警戒感が、財布の紐を握る年配の主婦層に深く浸み込んでいた。
  • 「借金はよくない」という倫理観が強い。
  • 日本の治安がよく、現金を持ち歩いても不安がない。
  • 一般的に見て、日本人はクレジットカードへの関心が薄い。
  • クレジットカードの智識がない。学校では一切教えない、民間でも教える場所がない。

③ 政府のクレジットカード業務に対するスタンス

カード利用度の高いノルウエーや香港の政府当局がどのようなスタンスをとっているかは分かりませんが、お隣の韓国の例を見ると、日本の戦時中の「産めよ増やせよ」の号令(官により奨励)と同様、政府がカード利用を奨励し、いろいろな優遇措置を講じています(注)。

わが国では、経済産業省がカード業界の動き・問題点を見守り、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに依頼して年に1回程度報告書「クレジット産業の健全な発展及び利用等に向けた調査研究」を発表していますが、いまだ「注意深く見守る」、「われ関せず」の域にとどまり、カード利用を奨励するまでには到っていません。

(注)税制上の優遇措置。クレジットカード利用明細書の番号を抽選券として毎月くじ引きを行う。カード高額利用の際の身分証明書の提示義務、など。

④ 分母と分子それぞれの増加率が同じならば

最近ふと思いつきました。民間最終比率とクレジットカード売上高両者の年間伸び率がイコールならば、%として出てくる答えは同じではないか、と。詳しい計算を試みる力がありません。どなたかやってみてください。

7.わが国におけるクレジットカードの将来性

金選好、現金選好が高く、高額紙幣への信頼感・安心感が強く、借金を嫌い現金で支払う気質は日本人特有な性格であり、この気質を変えることはなかなか難しいでしょう。

しかし、法制面での壁は取り払われつつあり、個人信用情報機関の相互交流も実現しています。メガバンクもクレジットカード業務に本格的に取り組む姿勢を姿勢を示してきました。

税金や公共料金、賃貸住宅の家賃といった膨大な市場も門戸を開き始めています。アメリカナイズされた若者の世の中が迫っています。

カード業界を取り巻く環境は好転しつつあります。微力な私はカード業界の将来性を云々することはできませんが、カードの利用度を高めるために最後に私なりに考えたことを付け加えておきます。

  • クレジットカードの教育に一層力をいれること。
  • 米国では、民意の盛り上がりにより「小切手からカードへの移行」が進みつつあると伝えられています。日本でも、カードの教育を通じこのような民意の盛り上がりを図ることができないでしょうか。
  • デビットカードや電子マネーの動向を見守ること。
  • 地域通貨、ポイントカードに注意すること。
  • そろそろ顕在化してきた銀行離れの動きを見守ること。
  • 新しいタイプの決済事業者がリアル取引へ進出しています。その動きをフォローすること
  • クレジットカード決済の潜在的需要があるマーケットを開拓すること。
  • 情報セキュリティ対策を推進すること。
  • クレジットカード業界の構造変化に対応する新しい加盟店業務を考案すること。

関連記事

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなス

記事を読む

貸金業法

1. まえがき 「お金を貸す」という言葉を聞くと、私どもはすぐ、高利貸しとか、ヤミ金とか悪

記事を読む

暗証番号

まえがき ATMやパソコン、スマホの操作はいまや日常茶飯事となっています。そして、この操作

記事を読む

おサイフケータイ

まえがき 牛若丸と弁慶、武蔵坊弁慶の七つ道具、皆さん御存知ですね。この七つ道具、弁慶が登場する

記事を読む

Ⅱ 信用照会端末とCAFIS

どの業界においても、業者間には熾烈なシェア争いが繰り広げられています。カード業界も決して例外では

記事を読む

暗号

1. 暗号とは 暗号とは「通信内容を第三者に知られないように文章を符号化し安全かつ効率よく送る

記事を読む

クレジットカードの誕生史

「たかがカード、されどカード」という言葉がよく耳に入ります。この『カード』は勿論クレジットカードを意

記事を読む

オーソリゼーションと信用照会端末

Ⅰ オーソリゼーション 1. オーソリゼーションの説明 貴方が東京のある有名な商店街にある貴

記事を読む

チャージバックの認知度

一般のクレジットカード利用者は、どの程度「チャージバック」というカード取引上のトラブルや不正

記事を読む

クレジットカードを規制する法律

1. まえがき わが国には現在、クレジットカード取引を単独で規制する法律はありません。ケー

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する 審査に不安…でもクレカが欲しい!そんな方にオススメの1枚 クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
ポイントカード・マーケティング論 そのⅢ

「働き方改革」法案が衆議院で可決、参議院に送致されました。それぞれ立場により賛成反対はあると思いますが、人口減少社会の到来、AI(人工知能)やIOTの加速度的な進展による社会構造の変化など、これまでに …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅡ

はじめに経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」について、少し述べさせてもらいます。同ビジョンでは2025年にはキャッシュレス化40%、さらに近い将来80%を目標にしていくことが宣言されました …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅠ

ポイントを仮想通貨に交換するサイトが動き始めています。単にポイント交換対象のメニューに仮想通貨が加わったと見るのは短絡で、ポイント戦略(性格)を大きく変える動きになるのでは見ています。 今後の動 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅢ)

今回も冒頭に仮想通貨に関連したことを紹介します。警察庁の29年度版の「犯罪収益移転防止に関する年次報告書」(下図)が公表され、詐欺などマネーロンダリングの疑いがある金融関連の取引数が発表されました。 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取引所大手のコインチェックから流出したもので…

ブランドデビットカードの景色(そのⅠ)

J-デビットカードとの出会い デビットカードの説明は、既に末藤先生が2015年1月に「語り部の徒然日記」で語られていますが、その最後に、今後デビットカードが伸びるか否かは…

プリペイド決済の光と陰<6>

米国ではハウス型のオンラインギフトカードを抜き、汎用型のブランドプリペイドカードが拡大しています。日本においてもブランドデビットカードと共に、ブランドプリペイドカードの普及が期待されています。…

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑