サイトマップ

公開日: :

フィンテック(FINTECH)

まえがき

私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。FINTECHという言葉が耳をかすり、とっさに銀行離れの文言が頭の隅をよぎりました。

これはなんだ、と慌ててメモを取り出しましたが、放送はすでに終わっていました。それから私の暗中模索が始りました。

以下は、やみくもに調べたことをまとめたものです。これだけのことが数年前からロンドンを中心に欧米諸国で進んでいるとは、私は迂闊にも知りませんでした。私の情報収集アンテナも時の流れとともに劣化し持主と同様老化現象が進んでいるようです。

1. FINTECHとは

FINTECHとは英語のFinance(金融)とTechnology(技術)の二つの単語を掛け合わせた造語です。金融とITの両分野で活躍するスタートアップ企業を意味します

2. 誕生

はっきりしたことは分かりません。FINTECH関連の2007年以降の投資額の推移や投資額ガが2009年の約9.3億ドルから2013年には約29.7億ドルに増えたという記事(2015年1月7日付けNEXT GENERATION )などがありますので、2000年代後半ごろから存在し始めたと考えられます。

発祥の地は米国でしょうが、なぜか欧州とくにロンドンやアイルランドで高く評価されて広がったようです。

3. スタートアップ企業

冒頭で「スタートアップ企業」と書きましたが、スタートアップとはなんでしょう?日本では、① 純粋に新しくできた企業とか、② 設立後6年内で従業員数が50人以内の小規模な企業の総称、などもっともらしいことを言う人がいるようですが根拠は無いようです。

米国では、設立年数や規模などには関係なく、どんなチームを中心として運営されているのか、存在目的、組織構成、成長のスピード、収益方法、などを参考にしてその中から一部の特殊なタイプを選び出し、「スタートアップ」と称しているようです。

新しいビジネスモデルを開発し、短期間に急成長して一攫千金を狙う人々の集合体とでも言うべきでしょうか。このような定義づけを見てくると、ベンチャー企業とどう違うのかというさらなる疑問がでてきますが、よく分かりません。似たようなものでしょう。

4. ソシアルレンディング事業

資金を借りたい人(とくに零細企業経営者)と資金を運用したい人(とくに小口の投資家やFUND)とを結びつける融資仲介サービスを運営する事業をいいます。

投資家の中には高配当や株式売却などのキャピタルゲインを望む人がいますが、これらの人とは異なり、リーズナブルな利息による一定のインカムゲインを得て生活を安定させるを望む個人投資家もいます。

ソシアルレンディングサービスは、主としてこの人たちを対象に、小額の資金からでも参加できる投資機会を提供するサービスです。

5. クラウドクレジット事業

資金余剰傾向が強い国(例えば中近東の産油国など)から資金を集め、資金需要の旺盛な発展途上国へ資金を提供するクロスボーダー(国境を越える)サービスです。

6. FINTECH とBITCOINとの相違

両者を比べてみると、定義の数ではBITCOINの方が多くなされているようですが、いつ生まれたか、となると両者とも2000年代後半としか分かりません。

誰が運営しているか、責任の所在、法整備、使途などの局面ではFINTECHの方が明確です。とくに法制面では運営業者が名乗っており、それぞれの経済活動に対し法の適用がありますから規制は厳格です。

一方、BITCOINに対する各国の金融当局のスタンスは、現在では禁止国、黙認国、考慮中、などバラバラですが、世界的に統一されていません。

7. FINTECH の手がける主な業務

現在FINTECHが行っている仕事は次のとおりです。それぞれ分類された範囲で仕事をしている代表的な業者とともにリストアップしておきます。

運営業者のプロフィールを見ると、米国の大手IT企業あり、設立後3年前後、従業員数4人といった小規模な日本法人ありで多種多様です。

① 決済業務

  • SPIKE
    業者名…㈱メタップス(シンガポール)
    業務……主要国際ブランドクレジットカードのオンライン決済サービス
  • Stripe
    業者名…Kickstarter (米国)
    業務……net決済の雄PayPalに比べより簡単な手続(一定のソースコードをアプリに貼り付けるだけ)で決済システムを構築できるウエブ決済サービス。現在、日本円を含め139通かに対応している。
  • Coiney
    業者名…コイニー㈱
    業務……主要国際ブランドクレジットカード決済サービス
  • Kanmu CLO
    業者名…㈱カンム
    業務……クレジットカード連動型のマーケティング企画

② 資産管理業務

  • マネーフォワード
    業者名…マネックスビジネスインキュベーション㈱(マネックスグループの100%子会社)
    業務……銀行、クレジットカード会社、証券会社、FX、年金などの口座を自動的にまとめて整理分類しして家計簿を自動作成し、資産管理サービス
  • Zaim
    業者名…㈱ZAIM
    業務……神のレシートをスマホのカメラで撮影すると、品目や金額、店名、カテゴリーを読取り、家計簿を作成するサービスを提供
  • Dr.Wallet
    業者名…㈱BearTail
    業務……家計簿アプリからレシートを撮影して送ると家計簿データを作成掏るサービスを提

③ 資産運用業務

  • お金のデザイン
    業者名…㈱お金のデザイン
    業務……低コストのグローバル資産運用サービスを提供
  • INSNEXT
    業者名……㈱TOYRO
    業務……総合的な保険関連情報を提供するサービス

④ ソシアルレンディング業務

  •  Aqush
    業者名…㈱エクスチェンジコーポレーション
    業務……借り手の信用力と投資家の要求するリターンをリアルタイムで結びつけることにより、各個人の信用力に見合ったフェアな金利で融資を実現させるサービスを提供
  • Lending Club
    業者名…Lending Club (サンフランシスコ)
    業務……借り手にはより安い金利で借りる機会、貸手にはより高い金利で貸す機会を提供する、オンライン個人間資金需給のマッチング仲介業務。近くNY証券取引所に上場の予定
  • Maneo
    業者名…maneoマーケット㈱(maneo株の100%子会社)
    業務……法人向け融資事業仲介業務

⑤ クラウドクレジット

  • Crowdcrejit
    業者名…クラウドクレジット㈱
    業務……ペルーなどの南米を投資先とする社会貢献性と経済的なリターンを兼ね備えた融資仲介業務

⑥ 会計業務

  • freee
    業者名…freee株
    業務……自動で会計帳簿が作成できる会計サービス
  • メリービズ
    業者名…メリービズ㈱
    業務……記帳代行サービス
  • MFクラウド会計
    業者名…マネークラウド㈱
    業務……取引明細を取得し明細書に勘定科目を自動的に記入するサービス

⑦ 金融情報提供業務

  • SPEEDA
    業者名…ユーザーベース㈱
    業務……企業財務データや業界動向などさまざまな経済情報を提供するサービス
  • ぽけっとIR
    業者名…㈱マジカルポケット
    業務……上場企業の過去3年間にわたる業績を提供するサービス
  • ZUU
    業者名…㈱ZUU
    業務……高所得者向けの金融情報を提供するサービス
  • BitFlyer
    業者名…㈱Bitflyer
    業務……BITCOIN の売買並びにBITCOIN関連情報を提供するサービス

8. さらなる銀行離れ

前述した「銀行離れ」の項で、私は、「銀行は、銀行法に守られて巨大な土手の中で胡坐をかき独占的な地位を満喫しいている。その土手を崩すのは小さなアリの一穴だ」と書きました。

そして、小さな働きアリの穴の例として23の動きを挙げました。とくに私が注目しているのは、資金決済法上前払い式支払手段と定められているプリカ、中近東のハワラ、市民ファンド、電子マネー、BITCOINの5つです。

さらに3月に入って新顔のFINTECH(とくに、STRIPE やLending Club)がこのグループに加わりました。IT分野については私のような老人は恐怖さえ感じます。

何をやらかすのか、次ぎはどんな化け物が飛び出すのかまったく想像できません。これらのアリの一穴が次第に大きくなり土手を崩すことになるでしょう。

メガバンクを囲む金融機関の動きを見ると、これらのアリの動きに対する反応はまだ微々たるものです。

9. FINTECHの今後

現在のFINTECHの活動分野の例を幾つか挙げました。IT企業で活躍する頭のよい人々は、これからこれらの例をさらに広げていくでしょう。私は、FINECHに対する銀行の反応はまだ鈍い思います。

メガバンクのトップ三菱東京UFJ銀行は、ようやく今年3月、ネット上でFINTECH の動きに触れ、その対策を募っています。FINTECHやBITCOINは今後とも銀行離れを加速していくでしょう。

これからの銀行業界の動きが楽しみです。

関連記事

デビットカード

まえがき デビットカードはキャッシュレス社会の実現に貢献する立役者と言われています。このカード

記事を読む

クレジットカードの誕生史

「たかがカード、されどカード」という言葉がよく耳に入ります。この『カード』は勿論クレジットカードを意

記事を読む

クレジットカードをめぐる犯罪

1. まえがき クレジットカードをめぐる犯罪も種は尽きません。後から後から新しい手口と

記事を読む

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジッ

記事を読む

決済

ヤップ島における石貨のヤリトリ シェークスピア劇ヴェニスの商人「胸肉1ポンド」 ニ

記事を読む

クレジットカードを規制する法律

1. まえがき わが国には現在、クレジットカード取引を単独で規制する法律はありません。ケー

記事を読む

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常

記事を読む

ビットコイン

まえがき 「銀行離れ」の項でちょっと触れましたが、ここで「ビットコイン」(BITCOIN=

記事を読む

金(gold)をめぐる話

まえがき 「不思議に金(gold)に縁があるなー」と私は思います。と言って、私は決して金の

記事を読む

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しま

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する 審査に不安…でもクレカが欲しい!そんな方にオススメの1枚 クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
ブランドデビットカードの景色(そのⅢ)

今回も冒頭に仮想通貨に関連したことを紹介します。警察庁の29年度版の「犯罪収益移転防止に関する年次報告書」(下図)が公表され、詐欺などマネーロンダリングの疑いがある金融関連の取引数が発表されました。 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取引所大手のコインチェックから流出したもので…

ブランドデビットカードの景色(そのⅠ)

J-デビットカードとの出会い デビットカードの説明は、既に末藤先生が2015年1月に「語り部の徒然日記」で語られていますが、その最後に、今後デビットカードが伸びるか否かは…

プリペイド決済の光と陰<6>

米国ではハウス型のオンラインギフトカードを抜き、汎用型のブランドプリペイドカードが拡大しています。日本においてもブランドデビットカードと共に、ブランドプリペイドカードの普及が期待されています。…

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑