サイトマップ

公開日: : 最終更新日:2015/05/21

クレジットカードの落とし穴

まえがき

クレジットカードが日本に導入された1960年ごろでした。その時から数えると、約半世紀が経過しました。この間、カード業界の努力によりクレジットカードは広く普及し、いまやカード無しの生活は考えられなくなりつつあります。

反面、裏社会の犯罪者にとってもクレジットカードは宝の山となり、それなりに彼らの生活を潤しています。しかし、彼らの活躍(?)により 貴重な人生を失った人も沢山います。

クレジットカードは便利です。しかし怖ろしいものです。たかがカード、されどカードです。今回は、クレジットカードの「落とし穴」という観点からこの小文をまとめてみました。

1.必ず守らねばならない3つのルール

  1. クレジットカードが届けられたらすぐサインすること
    新しいクレジットカードが届けられたら、すぐ裏面の書名欄にサインをしておきましょう。サインせずに持ち歩き、うっかり落としたり、掏られたり、盗まれたりしたらどうなるか?
    不正に手に入れた人は、これ幸いとばかり自分で署名して利用限度額まで使いまくります。ゴールドカードや、ブラックカードなどは利用限度額はかなり高額に設定されています。
    きちんと署名していれば、すぐ紛失届けを出し損失を保険でカバーできますが、サイン無しの場合は損失は自己責任となります。10万円落とせば(掏られれば)、あなたの損失は10万円で済みますが。1枚のカードを落とせば、損失は数百万円になることがあります。
  2. クレジットカードは家族や友人でも決して他人にはに渡さないこと
    「これ、代わりに使って払っておいて」と他人に頼むことがありがちですが、クレジットカード会社との間の契約違反になります。なにか事故があり損失が発生すると責任を問われます。
  3. 暗証番号(PIN=Persanal Identification Nunber)を他人に洩らさないこと
    暗証番号は、あなたとカード会社との間で決められた特別な番号で、「あなたであること」を立証する番号です。PINは「暗証番号」と訳されており、ちょっと分かりにくいですが、英語の「identification」は「ある人であることを見分けること」という意味です。
    要するにあなたの身分証明番号です。日本人は案外このPINの扱いがルースだといわれています。絶対に誰にも教えないようにしましょう。一端他人に漏れるといくらでも悪用されてしまいます。

2.クレジットカードの落とし穴

  1. リボ払い
    リボ払いの意味は「決済」の項で説明しました。この制度で最も用心すべきことは、いつの間にか借金の残高が何百万円にも膨れ上がってしまっていることです。
    アリ地獄と同様、リボ地獄という言葉があります。安易な気持ちでリボ払いを始め、気がつくと借金は数十万円、数百万円という借金地獄に陥り、もがけばもがくほどズルズルとすり鉢の底に落ちていき、骨までしゃぶられることとなります。
  2. 年会費無料
    年会費無料というカードには、充分注意すべきです。「無料」とあるのですぐ飛びつくのは危険です。会員規約をよく読んでおきましょう。
    ●最初のxx年間(たとえば2年間)は無料ですが、その後は有料に切り替わる
    ●募集時無料とあるので安心していたら、途中で突然有料に切り替わる。気がつかずにいるといつの間にか年会費が徴収されだしていることがあります
    ●年会費は無料でも、解約時は有料である
    ●年会費は無料でも、カード発行手数料が徴収される
    ●無料なのは条件付。1年間で例えば10回以上、あるいは10万円以上カードを使った場合のみ無料となり、この条件を満たさないと有料になる
    ●リボ払いにしなければ有料となる
    ●年会費は無料でも、会員費や盗難保険料がかかります
    ●大学生時代は無料ですが、社会人になると途端に有料となる
  3. 手許に現金がなくても買物ができる
    クレジットカードはまことに便利なものです。お金の持ち合わせがなくても買物ができます。気が緩みつい不要な買物をしてしまいます。
  4. 金持になった気分になる
    カードを持つと、一種の催眠状態に陥る人があります。いつでも、なんでも、買えるという気分になるわけです。あまりにも簡単にお金を使ってしまいます。
  5. みんなが使っているから自分も使ってよい、という気になる
    みんなで渡れば怖くない、という心理状態です。カードは誰でも持っている、使っているという風潮が一般的になり、借金するという気持ちが薄れてしまいます。
  6. 計画的にお金が使えなくなる
    現金で生活していると、必要なものをまず購入し優先度を常に考えますが、カードを持つと、ついこの計画性が失われてきます。
  7. 節約の心が失われる。
    カードは便利です。家の中で寝そべっていても、おいしいもの、欲しいものをネットのワンクリックで届けてもらうことができます。節約心、勤倹貯蓄の心が失われていきます。
  8. むやみやたらにカードを持ちたがるようになる
    ポイントに気をとられて、進められるままにハウスカードを申込み、財布の中身はカードのみとなります。カードの維持費用を一度じっくり考えてみてください。
  9. クレジットカードを落としたら
    くどくど繰り返しません。悪用されたら、利用代金はすべてあなたに請求されてきます。
  10. カードの利用明細書の中身をチェックしないで捨ててしまう
    これは怖いことです。他人が悪用したことも気がつかず、カード利用代金はあなたの銀行口座から引き落とされています。
  11. すぐキャッシングする
    ATMがあればいつでもキャッシングができる、便利ですが、現金管理の心理を緩ませます。クレカ貧乏という言葉をご存知ですね。
  12. カードで他人におごりたがる
    虚栄心のあらわれの一種です。見栄を張って「おれが払っておくよ」とやりがちになります。
  13. クレジットカード代金の支払いをつい忘れてしまう
    個人信用情報の網の怖さを充分認識すべきです。自動振替制度で引き落とされる銀行残高が不足して催告され、あわてて残高を補充するという経験を持っている人は多いようです。このたった1回の事故情報は原則として10年間個人信用情報機関に記録され、あらゆる金融機関に流れ、必要時に参考とされます。
    「クレジットカード・ヒストリー」という言葉を覚えて置いてください。あなたのカード情報は些細なことでも一切記録されているのです。
    米国の人はこのクレジットカード・ヒストリーをとても大事にしており、場合によっては裁判沙汰も辞さないといわれています。これにくらべて、日本人の暢気なこと、ただただ呆れるばかりです。
  14. クレジットカード利用限度枠
    利用限度枠は次のとおり分解されます。例をあげておきます。
限度枠
(100万円)
ショッピング枠
(70万円)
1回払い枠
(10万円)
割賦払い枠
(60万円)
分割払い枠(20万円)
ボーナス払い枠(同)
リボ払い枠(同)
キャッシング枠
(30万円)

割賦払い限度枠60万円を使い切ってしまうとどうなるか。カード会社の方から「限度枠を増やしましょうか」と電話がかかってくる場合がありますが、これは会員が優良である場合に限ります。

会員の方から限度枠の増枠申請という手がありますが、このときの審査はとても厳しくなります。めったにOKはでません。

増枠が認められない場合は、このカードはもう使えません。やむをえず、別のカード会社に新しいカードを発行するよう頼むこととなります。こうして、借金を返済するためのカードがまた1枚手元に増えてくるわけです。

新しいカードも手に入らなくなったらどうなるか。銀行ローンに頼るしか方法はなくなります。その後は、恐ろしい消費者金融会社に頼るしかありません。借金地獄、蟻地獄、多重債務者の始まりです。

3.カード即日発行

蟻地獄をご存知ですね。軒下などの乾いた砂地にすり鉢状のくぼみを作り底に潜んで獲物を待つウスバカゲロウ科のアリジゴクという虫です。

蟻が迷い込んでくると、砂をかけ底まで落としこんで捕食します。蟻がもがけばもがくほどジリジリと底に落ちていく様は可哀相です。

人間界の借金地獄と似ています。この虫と似ているのが一部の悪徳業者です。ろくに審査もせず、カードを作り上げて法外の発行手数料をせしめ、次ぎの「限度枠現金化」業者を紹介します。

この業者は、手を組んでいる悪徳商店を紹介し、ショッピング枠一杯まで高級品を買って来いと勧め、商品を安く買い叩き、僅かな現金を払います。この人の借金残高はさらに膨れ上がるわけです。

4. クレジットカードを持たないほうがよいタイプの人とは

持つ人の性格の問題です。厳しい言い方ですが、次に述べるタイプの人は、クレジットカードをなるべく持たないほうがよいと愚考します。

  1. お金にルーズな人
  2. だらしない人
  3. 極端なお人よし
  4. 虚栄心が強い人

5. 持ちたい人から持たない人へ

「カード貧乏」という言葉があります。ステータス・シンボルとか、マイルが貯まる、限定ポイント5%、などのカード会社の巧みな宣伝にのせられて、カードを持つ人が増えています。

クレジットカードを利用する人は貧乏な人が多い、金持ならわざわざ高い金利を払って支払いを先延ばししなくても、現金で払ってすべてお終りとしますカード人間になるか、現金人間か、あなたは、どちらを選びますか。

なお、カードを使うとしても、翌月1回払いは、現金払いと同じであることを付け加えておきます。速いものです。昨年(2014年)5月にお誘いを受けて「クレジットカードを持ちたいけれど持てない人へ」という題目で、この愚作を書き出してから1年近く経ってしまいました。

皆さんが「クレジットカード」の中身を理解して、正しく、便利にクレジットカードを利用してもらいたいという一心から、スタートした次第です。この小論を読んで、皆さんの中から1人でもクレジットカードを「賢く使う人」「持たない人」「持ちたくない人」が増えてこられたら望外の喜びです。

クレジットカード会社から要らざることを書くとお叱りを受けるのを覚悟の上で書きました。以上で、この愚作はお仕舞にします。さようなら

関連記事

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなス

記事を読む

サイバー攻撃と不正ウイルス

まえがき 「サイバー」とは英語のcybernectics「人口頭脳研究」の綴りの前半分を使

記事を読む

電子マネー

まえがき 先に「銀行離れ」の項で触れました電子マネーについて、少し詳しく触れて見ましょう。最近

記事を読む

決済

ヤップ島における石貨のヤリトリ シェークスピア劇ヴェニスの商人「胸肉1ポンド」 ニ

記事を読む

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常

記事を読む

庶民金融と金貸しの生い立ち

庶民金融とは、金貸しが個人や零細企業に対して行う小口、短期の融資のことです。銀行による個人向

記事を読む

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しま

記事を読む

おサイフケータイ

まえがき 牛若丸と弁慶、武蔵坊弁慶の七つ道具、皆さん御存知ですね。この七つ道具、弁慶が登場する

記事を読む

クレジットカード業界の登場人物

今回は、クレジットカード業界という舞台に登場してくる役者さんを紹介しましょう。役者、といえば

記事を読む

クレジットカードの表と裏

クレジットカードのサイズについてはすでに述べました(7回を読み直してください)。今回は、この

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する 審査に不安…でもクレカが欲しい!そんな方にオススメの1枚 クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
ポイントカード・マーケティング論 そのⅢ

「働き方改革」法案が衆議院で可決、参議院に送致されました。それぞれ立場により賛成反対はあると思いますが、人口減少社会の到来、AI(人工知能)やIOTの加速度的な進展による社会構造の変化など、これまでに …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅡ

はじめに経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」について、少し述べさせてもらいます。同ビジョンでは2025年にはキャッシュレス化40%、さらに近い将来80%を目標にしていくことが宣言されました …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅠ

ポイントを仮想通貨に交換するサイトが動き始めています。単にポイント交換対象のメニューに仮想通貨が加わったと見るのは短絡で、ポイント戦略(性格)を大きく変える動きになるのでは見ています。 今後の動 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅢ)

今回も冒頭に仮想通貨に関連したことを紹介します。警察庁の29年度版の「犯罪収益移転防止に関する年次報告書」(下図)が公表され、詐欺などマネーロンダリングの疑いがある金融関連の取引数が発表されました。 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取引所大手のコインチェックから流出したもので…

ブランドデビットカードの景色(そのⅠ)

J-デビットカードとの出会い デビットカードの説明は、既に末藤先生が2015年1月に「語り部の徒然日記」で語られていますが、その最後に、今後デビットカードが伸びるか否かは…

プリペイド決済の光と陰<6>

米国ではハウス型のオンラインギフトカードを抜き、汎用型のブランドプリペイドカードが拡大しています。日本においてもブランドデビットカードと共に、ブランドプリペイドカードの普及が期待されています。…

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑