サイトマップ

公開日: :

楽天カード

まえがき

最近、「楽天」という文字がネット上で頻繁に目に付きます。楽天について私は提灯記事を書くつもりは毛頭ありません。楽天の社長さんとは縁もゆかりもありません。

しかし、楽天カード社の急速な伸びに興味を抱き資料を集めているうちに、楽天㈱の実態に興味が湧いてきました。

クレジットカード論そのものからは少し脱線し、楽天㈱社長の略歴にも触れることとなりますが、参考になることが多いと思われますので、私なりに調べたところを以下に述べておきます。

1.楽天㈱

設立目的と業種は、私のネット検索技術がへたくそなためでしょうか見つかりません。それとも、あまりにも手がけたい業種が多く、目的・業種を一つに絞ることができないからでしょうか。

代りに、同社のトップメッセージとして次ぎの文言が掲げられていました。「インターネットを通じて人々と社会に力(エンパワーメント)を与えることを経営理念とし、世界一のインターネットサービス企業を目指す」

同社は1997年2月7日設立されました。2013年末の資本金1,095億3,000万円です。代表者は代表取締役会長兼社長 三木谷宏史氏です。本拠は東京都品川区品川シーサイド楽天タワーにあります。

2.三木谷宏史社長の経歴

  • 1973年…お父さんがイエール大學研究員となり家族とともに小学校2年生で渡米し、米国で2年間滞在後帰国されました。
  • 1988年…一橋大学卒
  • 同上…日本興業銀行入行
  • 1993年 ハーバード大學経営大学院 MBA取得、この時点で新規事業の立ち上げの夢に日がついたそうです。
  • 1995年…阪神。淡路大震災により瓦礫の山と化した故郷をみて、企業を決意しました。
  • 同上 …興銀を退社し、友人1人とともに楽天㈱を創業して会長に就任にしました。
  • 2008年…フォーブス誌(Forbes, 世界有数の経済誌)・・・ 日本人富豪ランキング8位(38億ドル)と発表しました。
  • 2011年…同上 5位(56億ドル)と発表しました。

3.楽天急成長の秘密は?

急成長の秘密はどこにあるのでしょうか?いろいろ探ってみたところを並べておきます。

  1. 宣伝上手…アッという間に知名度を向上させる手腕
  2. 新しい会社組織の立ち上げが得意である
    PCDA…Plan(仮説)――>Do(実行)――>Check(検証)――>Action(仕組み化)をモットーとしているそうです。
  3. トップのカリスマ性、戦国時代の信長、秀吉、家康を思い出しました。信長と秀吉のミックスタイプと言えそうです。
  4. 喧嘩上手…宣伝の一手段として時々派手にやらかしているようです。
  5. 着実な財務的裏付け…買収、資本・業務提携、提携などを通じて多岐にわたる企業群を傘下に着実に取り込んでいます。
  6. 球団買取…知名度アップに大いに役立っています。
  7. 豊富な資金源を持つ…恵まれた家庭環境で育ッたお坊ちゃんのようですですが、どうしてどうして筋金入りのようです。祖母系は播磨の国山崎藩の1万石の譜代大名でした、明治維新で子爵を付与されています。

4.三木谷社長の喧嘩上手

派手な発言とすばやい引け際で知名度を高めています。

  1. kobo騒動…電子書籍端末「コボタッチ」の不具合をめぐる騒動で、販売初日から苦情が殺到したそうですが、応対のスタンスが有名(notorious)となりました。
  2. TBS問題…東京放送買収騒動 メディア乗っ取りで叩かれて退散したそうです。
  3. Twitter…発言に対し批判が浴びせられたので、問題の言葉を自ら削除しました。

5.楽天傘下の企業集団

custom_header

主な連結子会社は以下のとおりで、さまざまな企業を広く擁しています。一つだけの業務に偏らず、バランスがよくあちこち船腹に穴が開いても簡単には沈没しない強みが窺えます。

国内…27社

  • 楽天オークション㈱
  • 楽天リサーチ㈱
  • リンクシェア・ジャパン㈱
  • 楽天カード㈱
  • 楽天証券㈱
  • 楽天銀行㈱
  • 楽天Edy株
  • 楽天イーモバイル㈱
  • ㈱楽天野球団
  • 競馬モール㈱
  • エネルギー需要開発有限責任事業組合
  • 楽天セールス・ソリューション、など

海外…19社

6.楽天市場

  • 1997年5月、当時は人々はネットショッピングなど考えもしなかった時代に早々と、楽天市場を開設し、従業員6名、参加店舗13店でスタートしました。
  • 1998年7月、楽天スパーオークション(現、楽天オークション)のサービスを開始しました。
  • 2001年、年間流通総額1兆円突破を目標とする構想を打ち上げました(当時のグループ全体の流通額は360億円でした)。
  • 2002年、EC事業海外展開スタートし、台湾、インドネシア、ブラジル、ドイツ、ロシア、英国と次々と手を広げています。
  • 2011年、創業14年目で、流通総額1兆円突破しました、参加店舗数38,000店です。

7.楽天銀行

新たな形態の銀行に属するネット銀行です。GMOインターネットとインターネット金融事業における関係強化を目的として資本・業務提携を、また、西日本シティ銀行と包括的な業務提携を維持しています。

  • 2000年1月、日本電子決済企画㈱として設立されました。
  • 2001年6月、商号をイーバンク銀行に変更しました。
  • 2001年7月、銀行業免許を取得し開業しました。
  • 2002年4月、モバイルバンキングサービスを開始しました。
  • 2005年3月、国内信販(JCBと提携)を買収しました。
  • 2006年1月、全銀ネットに接続されました。
  • 2006年、VISA, MasterCard のプリンシパルメンバーとなりました。。
  • 2008年8月、楽天との資本・業務提携に合意しました。
  • 2009年2月、楽天の子会社になりました。
  • 2010年5月、商号を楽天銀行に変更しました。

8.楽天銀行の業態区別

楽天銀行は、金融庁の区別によると新しい形態の銀行とされています。同行の属する業態区分は何でしょうか。その誕生史を辿ってみると、同行は明らかに銀行系です。

しかし、そのように言い切ってよいのでしょうか。同行には銀行系のほか、流通系、交通系、消費者金融系などの血が混在しているようにみえます。

あるカード会社があり、その前後左右、あるいは生い立ち、環境から見てすべて銀行に取り囲まれており、銀行の支配を受け、右へ倣え方式の銀行団の中で営業を続けているのが、通常「銀行系」(=純血種)と称されます。

楽天銀は、前後左右、生い立ち、環境のどこを見ても銀行の影は薄いのです。

たとえていえば、「雑種」「外来種」です。個人信用情報機関のタイプで言うと、楽天銀行は閉鎖的なレンダーズエキスチェンジ・タイプではなく、どの業態にも情報を航海する開放的なクレジットビュロー・タイプです。

9.楽天カード

  • 2001年12月、あおぞら銀行(旧日本再検診用銀行)とオリックス(総合リース企業)と共同で㈱あおぞらカード設立し、銀行系消費者金融として「MY ONE」の名称でローンカード事業を開始しました。
  • 2004年9月、あおぞら銀行とオリックスグループの持分を取得し、楽天クレジット㈱を設立し、MY ONE事業を継承しました。
  • 2010年5月、楽天銀行への商号変更によりMY ONEを「楽天銀行スーパーローン」と改称しました。
  • 2011年6月、 楽天クレジット、楽天グループの楽天KC(休国内信販)の「楽天KCカード」・「楽天MONEYカード」事業に付随するクレジットカード事業を吸収する旨発表しました。
  • 2011年8月、楽天カード、楽天クレジットを吸収し、楽天カード㈱と商号を変更しました。
10.楽天Edy

電子マネーEdyは、ソニーグループとNTTドコモ等11社が出資して設立したビットワレット社の運営の下で広く普及してきましたが、2009年11月18日、楽天がビットワレットを野株式の過半数を取得して連結子会社化し、20012年6月1日に会社名・サービス名を楽天Edyと改称しました。

11.楽天イー・モバイル

2012年9月、楽天とワイモバイル社(2014年6月まではイー・アクセスという社名)とが設立した仮装移動体通信事業者(MVNO、携帯電話等の回線網を他の事業者から借りて自社ブランドで通信新サービスを行う業者)です。Rakuten SUPER WiFiブランドでワイモバイルのLTEサービスを提供します。

12.結び

楽天カード株のクレジットカード取扱高のランキングは、2013年度末現在、クレジットカード主要25社のランク付けで8位となっています(月刊消費者信用2014年9月号)。

同社の創業は前述したとおり2000年初めで、クレジットカード業務が本格化したのは2010年ごろです。

それから僅か数年間で8位(カード取扱高は2兆6,319億円、トップのJCBグループは13兆9,346億円)まで上りつめてきています。

他社の創業が1960年代であることと較べると驚くべき速さです。同社が前述したトップ・メッセージに沿って、さらに新しい戦略の下でどのように伸びていくのか興味あるところです。

同社の血統は銀行系ですがその濃度は薄く、むしろ、外来種系、業態混合型と称したほうがよいでしょう。両国国技館の大相撲は外国人で日本の風習に溶け込んだ横綱たちの奮闘によって現在活況を呈しています。

同社と純血を守ってきた既存大手銀行系カード会社との間の今後の鬩ぎあいが楽しみです。

関連記事

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しま

記事を読む

提携カード

提携カードとは 広辞苑によれば、「提携」とは、「手を取り合って互いに助けること」と定義されてい

記事を読む

財閥と銀行

山崎豊子の小説「華麗なる一族」(1973年新潮社出版)をお読みになった方は多いと存じます。神

記事を読む

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識

記事を読む

おサイフケータイ

まえがき 牛若丸と弁慶、武蔵坊弁慶の七つ道具、皆さん御存知ですね。この七つ道具、弁慶が登場する

記事を読む

クレジットカード業界の七不思議 

まえがき 「越後の七不思議」、落語の「本所の七不思議」については皆さんよくご存知のここと思

記事を読む

暗証番号

まえがき ATMやパソコン、スマホの操作はいまや日常茶飯事となっています。そして、この操作

記事を読む

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジッ

記事を読む

Ⅱ 信用照会端末とCAFIS

どの業界においても、業者間には熾烈なシェア争いが繰り広げられています。カード業界も決して例外では

記事を読む

クレジットカードを規制する法律

1. まえがき わが国には現在、クレジットカード取引を単独で規制する法律はありません。ケー

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する 審査に不安…でもクレカが欲しい!そんな方にオススメの1枚 クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
ポイントカード・マーケティング論 そのⅢ

「働き方改革」法案が衆議院で可決、参議院に送致されました。それぞれ立場により賛成反対はあると思いますが、人口減少社会の到来、AI(人工知能)やIOTの加速度的な進展による社会構造の変化など、これまでに …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅡ

はじめに経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」について、少し述べさせてもらいます。同ビジョンでは2025年にはキャッシュレス化40%、さらに近い将来80%を目標にしていくことが宣言されました …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅠ

ポイントを仮想通貨に交換するサイトが動き始めています。単にポイント交換対象のメニューに仮想通貨が加わったと見るのは短絡で、ポイント戦略(性格)を大きく変える動きになるのでは見ています。 今後の動 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅢ)

今回も冒頭に仮想通貨に関連したことを紹介します。警察庁の29年度版の「犯罪収益移転防止に関する年次報告書」(下図)が公表され、詐欺などマネーロンダリングの疑いがある金融関連の取引数が発表されました。 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取引所大手のコインチェックから流出したもので…

ブランドデビットカードの景色(そのⅠ)

J-デビットカードとの出会い デビットカードの説明は、既に末藤先生が2015年1月に「語り部の徒然日記」で語られていますが、その最後に、今後デビットカードが伸びるか否かは…

プリペイド決済の光と陰<6>

米国ではハウス型のオンラインギフトカードを抜き、汎用型のブランドプリペイドカードが拡大しています。日本においてもブランドデビットカードと共に、ブランドプリペイドカードの普及が期待されています。…

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑