サイトマップ

公開日: :

カードバカ連載 カードあれこれ 第19回 「キャッシュレスとカードレス」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

カード研究家 小河俊紀

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。

前回は、7月に亡くなった長兄との思い出話を書きました。きわめて個人的な話題であるにも拘わらず、数名の知人から心の籠った追悼の言葉をいただき、本当に感謝しています。

中でも、ご自身のブログに追悼のコラムを作成され、お知り合いの110名もの方々に広く同報していただいた方がいて、胸に沁みました。

先週故郷の富山で「50日祭」(仏教でいう49日)の法要と納骨式があり、兄の墓前にこの件を報告いたしました。

なぜか、それまでひとしきり降っていた雨がピタリと止み、法要の終了を待って再び激しく降り始めました。おそらく、兄は心から喜んでくれたのだと思います。

ところで、今回の連載本文を展開する前に、一言だけ前回原稿の内容について、お詫びかたがた若干補足修正させていただきます。

私を面接し、採用いただいたJ社社長

1972年(昭和47年)、大学卒業後入門した能楽師の世界をわずか3ケ月で断念し、長兄の勧めで東京のJ社の中途採用に応募したのが同年6月末でした。

傷心を抱えながら上京し、面接にいきなり出てこられた当時のT社長のことについて、前回触れました。

その方が、「小河君、いずれ当社は必ず世界に雄飛する」と語られたときに、正直「この人は、ホラ吹きか」と思いました。

当時日本国内でもほとんど無名なJ社でしたから、何も知らない青二才の私が早合点したのも無理はなかったのです。

しかし、T社長は、その後草創期のカード業界全体を俯瞰しながら一貫して多大な経営努力を尽くされ、同社の世界雄飛の足掛かりを構築されました。

言行一致、実に緻密で豪放な名社長でした。事あるごとに、「早く一流企業になって、世界の街角にわが社のロゴステッカーを貼ろう!」と社員を鼓舞されていました。私自身も入社3年を過ぎるころから本気になって働き始めたのを覚えています。

名経営者とは、物凄い夢の実現のため社員の心をひとつにする人間力抜群の人だと、その時私は知りました。

42歳にして、ワガママな自己都合で同社に中途退職の辞表を出したとき、すでに社長から相談役に退かれていましたが、突然相談役室に呼ばれ、「本気か?」と、約1時間近く私の気持ちを聞かれ、思い直すよう説得いただきました。

入社面接以降、何かと気にかけていただいていたようでした。本当に、温かい方でした。

今はお亡くなりになられていますので、この場を借りて、あらためて心から遺徳を忍びたいと思います。

さて、キャッシュレスの進展で、最近思わぬ日常に出会うことが増えてきました。今回は、キャッシュレスとカードレスについて、逸話を交え書いてみます。

事例1)ゴルフ練習場での失策

私は、ゴルフ歴40年になりますが、いつまで経ってもスコアが100を切るか切らないかの下手ゴルファーです。

もっとも、コースは半年に一回行く程度なので、上手くなるわけがありません。

それでも、「爽快感を手軽に味わう」ため月数回は打ちっぱなし練習場に出かけます。

以前は、全天候型の屋内練習場に行っていましたが、昨年から屋根もネットの囲みもない屋外練習場に通っています。荒天ではさすがに辛いものの、晴天の青空をスカンと飛ばす爽快感は格別です。

しかし、この練習場でゴルフボール自動販売機使用の際、累計4回も情けない失策をしました。

専用カゴを前に置いて、無記名のラミネート製ポイントカードと千円札を入れると150球出てくるのですが、ポイントカードを最後に抜き取るのを時々忘れてしまうのです。

打席に入り、カードを忘れたことに気づいてあわてて販売機に戻っても、大体はすでになくなっています。

このポイントカードは、利用ごとにデータ更新され、10回分ポイントが貯まるとその次一回だけ無料になる仕組みです。

データ書き換え作業は、10秒くらい全くの無音で行われます。銀行やコンビニのATMでも処理が遅い場合はありますが、だいたいは機械が動く音がし、終了すると何かしらの音声メッセージがあるので、置き忘れたことはありません。

自分のウッカリを機械のせいにするのも情けない話ですが、無記名方式で1ポイントが100円の価値をもつためか、発見者が練習場事務所に届けることは稀です。

9ポイントまで貯まっていた時に紛失した時の悔しさは、コースでOBを打った時と同じでくらいです。結局、4回のうち1回だけ手元に戻りましたが、それは従業員が見つけてくれた時だけでした。

事例2)近所のスーパーでのエピソード

今度は、私の失敗談ではありません。近所のスーパーマーケットでは、昨年から自動レジが設置されました。

自動といっても、バーコードの読み込み作業は店員が行い、精算だけ隣の自動精算機で客自身が行う半自動です。

支払いは、現金か、接触タイプのICカードです。私が買い物をする場合はだいたいが少額なので、現金精算します。

ところが、先日は私の二人先の客が精算機からカードを抜き取り忘れ、次の客が発見したものの、当の本人はすでに店を出た後でした。

レジ店員はあわててサービスカウンターのスタッフを呼び、カードを手渡しながら状況を説明しています。その間、レジは休止です。

「こういう事があるのですか?」

と私が聞くと、

「よくあるんですよ」

との答え。

本人から申し出でがくるまで、しばらく店の金庫で保管するそうです。

店側も気持ちが悪いでしょうね。

実際、妻の友人もその店で買い物し、帰宅後にどこで失くしたかわからないので、大騒ぎになったそうです。レジの合理化策が逆行しているケースです。

事例3)ビジネスホテルでの失策と、不快経験

私は、地方への出張や小旅行があるとき、駅前のビジネスホテルを結構使います。最近のビジネスホテルは禁煙ルームも多く清潔で、朝食付きで値段がリーズナブルです。

半年ほど前、大手TYホテルの足利店でIDカードをフロントで勧められ、気楽に入会しました。入会金は500円ですが、入会審査もなく、入会当日から会員価格の適用で結構お得感がありました。

その後、北陸方面の店舗でそのホテルを利用しました。予めネットのマイページで予約し、確認メールも送られてきました。

当日は荷物を預けるため予定より早い午後二時にホテルに出向き、フロントに予約確認メールのコピーを提示しました。

「確かに承っております。お客様、ところで会員証カードを見せてください」

「あっ!忘れてきた。サイフをいつものと入れ替えたからだ。」

「それでは会員と見做せませんので、一般料金でお支払いください。」

とフロントに冷たく明言され、仕方なく一般料金で前払いしました。

それから用事を済ませ、1時間後の午後3時にチェックインのためにフロントに行くと、

「今準備中ですので、しばらくしてから来てください。」

普通のホテルは、午後三時から無条件にチェックインできるけど、このホテルは厳格に運用しているのかもしれない。

事前の予約タイムより早い到着だったので仕方ないな、と思い直し、ホテル周辺の飲食店を探すも、喫茶店以外空いている店はなく、どこも“準備中”。

しかたなく、ウロウロと周辺を1時間近く徘徊するはめに。

午後四時近くなり疲れたので、

「さすがにもういいだろう。」

と念のため電話確認したら、

「午後三時からチェックインできるのは会員だけです。お客様はビジターですので、午後4時を過ぎないとチェックインできません。」

さすがに、これには私も切れた。

「会員番号がハッキリしていて、予約票と免許証を提示しても、IDカードがないとまったく会員扱いしないというのは、ヒトよりカードを信用している本末転倒の話だ! 役所や警察ならまだしも、無形のサービスが生命のホテル業なら、もう少し臨機応変の対処はできないのですか!」

副支配人は、

「どなたにも同じ扱いをしています。もし、不快な思いをされたなら、申し訳ありません」

と繰り返すだけで、極めて形式的で上の空だった。

悔しさもあって、いろいろ調べたところ、JAFのデジタル会員証のように、スマホにダウンロードして使えるデジタル会員証の仕組みがこのホテルグループに存在することを発見。

会員番号が分かっているので、さっそくダウンロードして、再度フロントへ提示したら、

「へえー、こういう仕組みがあったのは知りませんでした。」

と悪びれた態度もなく、精算機器を点検後事務的に会員料金で再精算。

私の不注意で起こったとはいえ、あまりにも心が通っていない応対を受け、

「このホテル全体の体質かどうか不明だが、この店舗はもう二度と使わない。」

と決意したのは言うまでもありません。

キャッシュレスは、カードレスが課題

今まで書いた事例は、「カードによる合理化は、細かい顧客心理も配慮しないと裏目に出る」典型的なパターンです。

とりわけ、少子高齢化が進むと、こういう思わぬトラブルが増えてくることでしょう。

紙幣や貨幣というモノが、カードというモノに置き換わるだけのキャッシュレスでは、どこか限界があるのではないでしょうか。下手すると、弾力性がないだけ温かみが損なわれ、逆行する可能性さえあります。

少なくても、音声サポートシステムはじめ、諸外国のように非接触タイプICカードへの切り替えが重要ではないでしょうか。

また、本人確認に関しては、前記ホテル事例のようなバカバカしいトラブルを防ぐためにも、「生体認証などヒトそのものの認証技術の普及を加速してほしい」と願うカードバカの私です。

関連記事

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 「消費者目線とは?」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 「1+1=2の原則」

この会社で早期定年を迎えるまでの13年間、私はモノ作り企業でのカード事業を沢山学びました。

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第2回「信用と性格の関係」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第4回 前編「クレジットカードを最初に考案した人と、マイナンバー」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第4回 後編「マイナンバーとカード」

私は、カードが本業ですから、マイナンバー構想に関する下記の日本経済新聞記事(2014年5月24日付)

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第3回「日本のクレジットは、いつ始まったの?」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する お金を借りるを本気で「学ぶ」方を応援
クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
IR・カジノとキャシュレス社会を考える<後編―1>

この原稿を書いている最中に、消費税10%の緩和策として中小店でのキャッシュレス決済に関して、2%のポイント還元を行う案が政府側から出されたと報道がありました…

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<中編>

VISAやMasterなど国際ブランドクレジットカードでは、現金と同様に使えるサービスを提供することを目標にしていますが…

カードバカ連載 カードあれこれ 第19回 「キャッシュレスとカードレス」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第18回 「キャッシュレスの師匠」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<前編>

ポイントカード・マーケティング論を暫くはお休みさせて頂き、今般成立したIR実施法(統合型リゾート)について賛成か反対かは別にして、私なりの考えを述べてみたいと思います。 …

カードバカ連載 カードあれこれ 第17回 「人口知能で実現してほしい夢」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅢ

「働き方改革」法案が衆議院で可決、参議院に送致されました。それぞれ立場により賛成反対はあると思いますが、人口減少社会の到来、AI(人工知能)やIOTの加速度的な進展による社会構造の変化など、これまでに …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅡ

はじめに経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」について、少し述べさせてもらいます。同ビジョンでは2025年にはキャッシュレス化40%、さらに近い将来80%を目標にしていくことが宣言されました …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅠ

ポイントを仮想通貨に交換するサイトが動き始めています。単にポイント交換対象のメニューに仮想通貨が加わったと見るのは短絡で、ポイント戦略(性格)を大きく変える動きになるのでは見ています。 今後の動 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅢ)

今回も冒頭に仮想通貨に関連したことを紹介します。警察庁の29年度版の「犯罪収益移転防止に関する年次報告書」(下図)が公表され、詐欺などマネーロンダリングの疑いがある金融関連の取引数が発表されました。 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取引所大手のコインチェックから流出したもので…

ブランドデビットカードの景色(そのⅠ)

J-デビットカードとの出会い デビットカードの説明は、既に末藤先生が2015年1月に「語り部の徒然日記」で語られていますが、その最後に、今後デビットカードが伸びるか否かは…

プリペイド決済の光と陰<6>

米国ではハウス型のオンラインギフトカードを抜き、汎用型のブランドプリペイドカードが拡大しています。日本においてもブランドデビットカードと共に、ブランドプリペイドカードの普及が期待されています。…

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑