サイトマップ

公開日: : 最終更新日:2015/12/08

カードバカ連載 カードあれこれ 第6回 「人の縁と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、
カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

カード研究家 小河俊紀

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。

前回は、現金の弊害について私見を書きました。そして、その総本山である日本銀行について、若干触れました。

思いがけず、消費生活アドバイザーである知人から、「労作」とお褒めの言葉をいただきました。普段、辛口の方なので、少し安堵しました。

本音を言うと、この原稿を発表するには、結構勇気がいりました。

なぜなら、通貨という奥深い領域に立ち入る怖さに加え、このサイトのシンボル「語り部(かたりべ)」として精力的に書き続けられている末藤高義氏は、日本銀行ご出身ですし、以前大変お世話になった方だからです。

人の縁

人の縁とは不思議なものです。私がまだ、大手楽器メーカーのカード事業責任者在任中(2000年ころ)に、末藤氏と仕事で出会いました。クレジットカードの基礎知識を学ぶ社内研修講師として。

難しいことを難しく話すことは、多少の専門性があれば誰でもできます。しかし、難しいことを簡単に説明するのは相当のレベルでないと無理です。私も、一応、大手カード会社出身でしたので、研修講師の人選にはこだわりました。

末藤氏、いや末藤先生は、それまでにカード専門家として、カード業界誌等で論文を沢山発表されていました。もと日銀マンの目でクレジットカードを素直に咀嚼されてきたためか、すべてが分りやすく、明晰で、かつグローバルな実務体験に裏打ちされていました。

知人を介して、社内研修の講師をお願いした経緯でした。当時は既に一線を退き、静養のため外房白浜で生活されていたのですが、私の依頼を快諾いただき、毎週1回2時間、計2ケ月間にわたる研修のため、電車を乗り継いで3時間がかりでかけつけてくださり、恐縮の限りでした。

豊富な研修資料を用意いただき、当時のハイテクOHP(オーバーヘッド・プロジェクター)を駆使した研修は期待どおりの内容でした。それ以降、何か教わりたいことがあると、時折電話をさせていただいたものです。

クレジットカード徒然日記での再会

当連載サイト「クレジットカード徒然日記」は、消費者向け各種カード関連サイトの中では、非常にユニークです。私の知る限り、カードの付帯ポイント率や、入会基準、年会費等の比較サイトが大半です。確かに実利的で分かり易いのですが、カードの本質とは関係がありません。

ところが、このサイトは、「日本では、本質が正しく理解されないままカードが流通している。基本的な機能や効用について、正確な情報発信がカード業界経験者からあってもいいのではないか」という真摯な運営方針です。

昨年4月に、企画案を直接オファーいただいた時、責任も重いし、実名で書く事に若干躊躇しましたが、「執筆してよかった」と今は思っています。

とりわけ、(偶然ではありますが)このサイト並行執筆者として、前記の末藤先生とのご縁を10年ぶりに復活できたのは、想定外の感動でした。光栄です。

運命的なプロフィール

サイト編集長の仲立ちで、私たちは昨年秋に、先生ご自宅付近のレストランで実際に再会し、懐かしいひと時を過ごすことができました。齢86歳になられ、少し耳が遠くなられていた以外は、以前と同様温和で明晰で、謙虚でした。

しかし、この会食時に、私は先生の運命的な凄い人生の一端を初めて知ったのです。そして、その真髄に触れたのが、最近拝読した自叙伝「ある日銀マンの昭和史」でした。(民事法令研究会。2013年5月発刊)一晩で一気に読み切りました。

ちなみに、下表は、当サイトで公表されている略歴です。

おそらく、読者の多くは、一目で「典型的エリート」と思われたことでしょう。

末藤氏は昭和4年(1929年)生まれですが、それを前提に金融やカード業務に携わる方がプロフィールを見れば、実は不思議がいっぱいです。

  1.  終戦直後の1947年、旧帝国大学(東大を頂点とする名門国立大学)卒業の学歴もないまま、18歳にして天下の日銀へ入行できたのは何故?
  2. さらに、1963年(昭和38年、)34歳にして、(日銀在籍のまま)超難関といわれた「全額支給のフルブライト留学」体験ができた理由は?
  3. 1984年(55歳の時)、日銀と真逆の世界、しかもまだ成長初期段階のカード  業界になぜ転身?
  4. しかも、Visa International東京事務所(現Visa Worldwide Japan) 支配人、日本信販(現 三菱UFJニコス)参与、そしてVISAのライバル「MasterCard International(現MasterCard Worldwide)」在日副代表という要職を、わずか10年という短期間で歴任した経緯・背景・任務は???

転機をバネに

答えは、実際にこの著書を通読するとおおよそ分りますが、プロローグの次の一節には深い意味が込められています。

「熊本に戻った我が家は空襲で丸焼けとなった。知り合いの家の離れの8畳一間に一家5人。父は空襲による火傷が原因で寝たきりになり、着る物なし、食べ物なしの極貧生活が始まった。(P.10)」

おそらく、太平洋戦争末期に米国の空爆がもたらした過酷な運命がすべての原点ではないでしょうか。1945年7月1日、16歳のときに空襲を受け、九死に一生を得たのですが、そこから、努力に努力を重ね、必死に這い上がっていかれた人生なのです。

もちろん、誰もが努力だけで成功するとは限りません。生きる姿勢の真剣さと使命の重さに、諸天が応えたのではないでしょうか。

私なりの解釈では、「若い時期の辛酸と、日銀37年の豊富な経験と人脈を基礎に、人生の後半で日本に国際カードを普及させる天命を授かった人」ではないでしょうか。

実際、著書の帯で、「捨てる神あれば、拾う神あり!人生、努力を続ければどうにかなる!」と末藤氏は述べておられます。

戦禍による極貧の青春時代から、国際的なスケールで活躍する20代~60代のダイナミックな人生展開は、正にドラマです。

転機をバネにする勇気が、半端ではありません。10代から遭遇した転機のたび、不思議な人の縁(支援)を得て、まったく新しい世界に飛翔されたのです。

見方によっては、無謀ともいえるでしょう。しかし、天は使命ある人には転機を与え、縁ある人を介して新しい世界に導くのかもしれません。

カード業界での功労=グローバル化

2020年東京オリンピック開催が決まり、最近になって「カードシステムのグローバル化」が国家的規模であらためて強調されるようになってきましたが、日本におけるグローバル化路線を30年前に最初に敷いた人こそ、末藤氏なのです。

VISA,MASTERブランドのステッカーを掲げた店なら、どこのカード会社が発行しているVISA,MASTERカードでも共通して使えるようになったのも、銀行系以外のカード会社(例えば、信販会社、流通系カード会社)にも両国際ブランドの発行ライセンス契約を開放したのも、末藤氏の功労です。今では当たり前に見えますが、ガラパゴスだった日本のカードシステムを、国際レベルに近づけた苦労は、並大抵ではなかったでしょう。

ちなみに、還暦60歳にして、懇願されて入社したマスターカード・インターナショナル在任中に、香港警察と連携し拳銃片手に香港のカード偽造団のアジトを捜査したこともあるそうです。文字通り、生命賭けの仕事でした。

残念なことに、カード業界でその履歴・実像を認識している人は、ごくわずかです。

人脈は財産

カード会社は装置産業なので、固定資産をほとんど保有していません。しかし、優秀な社員をふくめ、カード会員・加盟店という大量の「無形人的資産」を保有しています。

だから、その発展が途切れないのです。「人は石垣、人は城」です。そのことに気付くと、仕事が無限に生まれます。

かつて、カード業界が無名に近い1970年代、未来を夢見る若い私は「この会社での業務経験は、いつか何かの役に立つんだろうか?」と、同僚と自虐的に会話したものです。同じ金融分野でも、銀行員のような潰しが効かないからです。

それから30有余年、還暦を機会に平凡な私でも「カード業務経験を基礎とした経営コンサルティング、特に、中小企業の経営拡大を支援する事業」を開業でき、7年間も続けてこられたのは末藤先生はじめ今までに縁した多くの恩人のおかげ、というしかありません。

人の力は無限、人脈は財産です!




関連記事

カードバカ連載 カードあれこれ 「1+1=2の原則」

この会社で早期定年を迎えるまでの13年間、私はモノ作り企業でのカード事業を沢山学びました。

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第5回 「現金社会の弊害とは何?」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第3回「日本のクレジットは、いつ始まったの?」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 発刊5周年 & 連載第20回記念  「キャッシュレスを凝縮すると?」 (前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第19回 「キャッシュレスとカードレス」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 「消費者目線とは?」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独

記事を読む




特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する お金を借りるを本気で「学ぶ」方を応援
クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら 当サイト執筆陣の小川俊紀氏、中村敬一氏の書籍が出版されました! あなたの知らない! クレジットカード社会の真実




カードバカ連載 カードあれこれ 発刊5周年 & 連載第20回記念  &最終回 「キャッシュレスを凝縮すると?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ“が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<後編―1>

この原稿を書いている最中に、消費税10%の緩和策として中小店でのキャッシュレス決済に関して、2%のポイント還元を行う案が政府側から出されたと報道がありました…

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<中編>

VISAやMasterなど国際ブランドクレジットカードでは、現金と同様に使えるサービスを提供することを目標にしていますが…

カードバカ連載 カードあれこれ 第19回 「キャッシュレスとカードレス」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第18回 「キャッシュレスの師匠」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

IR・カジノとキャシュレス社会を考える<前編>

ポイントカード・マーケティング論を暫くはお休みさせて頂き、今般成立したIR実施法(統合型リゾート)について賛成か反対かは別にして、私なりの考えを述べてみたいと思います。 …

カードバカ連載 カードあれこれ 第17回 「人口知能で実現してほしい夢」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅢ

「働き方改革」法案が衆議院で可決、参議院に送致されました。それぞれ立場により賛成反対はあると思いますが、人口減少社会の到来、AI(人工知能)やIOTの加速度的な進展による社会構造の変化など、これまでに …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅡ

はじめに経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」について、少し述べさせてもらいます。同ビジョンでは2025年にはキャッシュレス化40%、さらに近い将来80%を目標にしていくことが宣言されました …

ポイントカード・マーケティング論 そのⅠ

ポイントを仮想通貨に交換するサイトが動き始めています。単にポイント交換対象のメニューに仮想通貨が加わったと見るのは短絡で、ポイント戦略(性格)を大きく変える動きになるのでは見ています。 今後の動 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅢ)

今回も冒頭に仮想通貨に関連したことを紹介します。警察庁の29年度版の「犯罪収益移転防止に関する年次報告書」(下図)が公表され、詐欺などマネーロンダリングの疑いがある金融関連の取引数が発表されました。 …

ブランドデビットカードの景色(そのⅡ)

この原稿を執筆中に仮想通貨の「NEM」580億円が不正に流出しことが大々的にニュースに流れました。取引所大手のコインチェックから流出したもので…

ブランドデビットカードの景色(そのⅠ)

J-デビットカードとの出会い デビットカードの説明は、既に末藤先生が2015年1月に「語り部の徒然日記」で語られていますが、その最後に、今後デビットカードが伸びるか否かは…

プリペイド決済の光と陰<6>

米国ではハウス型のオンラインギフトカードを抜き、汎用型のブランドプリペイドカードが拡大しています。日本においてもブランドデビットカードと共に、ブランドプリペイドカードの普及が期待されています。…

プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑