サイトマップ

公開日: :

加盟店をめぐる犯罪

まえがき

加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。今では、百貨店やコンビニ、スーパーマーケット、ほとんどの商店で問題なくクレジットカードが使えますが、私には、クレジットカードはつかえますか?」と恐る恐る店の人に聞くと「当店では使えません」とにべも無く断られた記憶が残っています。

ところで、加盟店とは?とは何を意味する言葉でしょうか。広辞苑にはこの単語の説明はありません。「加盟」とはある団体に加入すること、とあります。小学館のランダムハウス英和大事典で、「加盟」に当たる言葉として、次の3つの単語を見つけることができました。

  • FRANCHISE……
    特権、特許・一手販売権(ここから、フランチャイズ制度と言う言葉が類推されます)
  • FRANCHISER……
    一手販売権者(ここから、国際ブランカード会社という言葉が類推されます)
  • FRANCHISEE……
    チェーンストアの一つを任された人(ここから、加盟店という言葉が類推されます)

1. クレジットカード加盟店とは

クレジットカード加盟店とは「クレジットカード業界団体に加入した商店」と理解してよいでしょう。なお、「加盟店」の語に対して「直営店」(一手販売権をもつ大企業が直接運営する商店)という言葉があります。

一方、カード会社はクレジットカードを発行する部門(イシュア)と加盟店の面倒を見る部門(アクワイアラ)に2分されます。両者は同一の会社である場合と別の会社である場合とがあります。

本項では、この加盟店について少し詳しく掘り下げ、併せて、加盟店をめぐって発生する犯罪行為を考察してみましょう。

1. 加盟店規約

加盟店はクレジットカード会社との間で交わされた加盟店規約で結ばれています。代表的な規約として、JCB規約と三井住友カード会社の規約を読んでみました。

いずれも条文は1条から38条まです。三井住友カードの場合は、さらに本条文に続き「加盟店情報の取扱に関する事項」としてさらに1条から7条までの附則が付されています。

JCB規約

  • 「一般加盟店」と「電子マネー」の二つの部に分かれています。
  • セキュリティ関係では、次ぎの4つの節に分かれています。
    名板貸し
    差別的取り扱い
    カードの不正使用
    反社会的勢力との取引拒絶

三井住友カード規約

次ぎの五つの部に分かれています、セキュリティ関連の条文は全体の条文の中に織り込まれています。

  • 一般の規約
  • 通信販売店
  • VJAギフトカード取扱規約
  • ID取扱規約
  • 銀聯カード加盟店規約

筋としては、ここで全文開説と行きたいところですが(これをじっくり読めばクレジットカードの大方の仕組みが分かります)、紙数の関係で無理です。セキュリティ関係だけでも、次の事項が詳しく述べられています。参考になります。読んでみましょう。

  1. 不審な取引きの通報
  2. 無効カードの取扱
  3. 会員との紛議に関する措置
  4. 加盟店の禁止行為(全部で9つあります)
  5. 個人情報守秘義務

2. 加盟店手数料

加盟店は、原則として、カードによる売上代金に一定率を乗じた金額をカード会社(アクワイアラ)に支払います。この一定率は下表に示すように1%から10%と決められています(勿論、カード会社によって多少異なります)。

なぜ払うのか?加盟店側のカード会社に対する反対給付(すなわち「クレジットカードのお陰で商売ができました。このお金はお礼の印です」)、あるいはブランド利用料、または商売運営のノウハウを教えてもらった授業料と言われています。(加盟店側がこれらの説明を素直に受け入れているかどうかは?マークです)この「一定率」は、売上代金回収の難易度によって決まります。

加盟店手数料はクレジットカード会社の重要な収入源の一つです。原則として手数料の4分の3がイシュアに、4分の1がアクワイアラに分配されます。

  • 風俗店……7~10%
  • バー、クラブ、などの飲食店……4~7%
  • 一般の小売店……3~5%
  • デパート……2~3%
  • 家電量販店、コンビニ……1~1.5%

かつて、T社は加盟店獲得を急ぐため、採算を度外視して(ほかでたっぷり儲けていたので)「手数料1%」を振りかざし、カード業界で物議を醸したことがありました。

参考までにもう一つ話を付け加えておきます。加盟手数料は商品代金に上乗せすることはできません。また、購入者に転嫁することも禁じられています。転嫁するのを認めている国は世界広しと言えどもオーストラリア1国のみと言われています(確かめることはできませんでした)。

3. 不良加盟店

不良加盟店は通常次ぎの3つに分類されます。

  1. 店ぐるみ、あるいは一部の店員が不正を働く店
  2. 客の威圧的な態度や脅しに屈してクレジットカードの不正使用を黙認する店
  3. 外部の犯罪者と手を組みやすい、警備が薄い、逃亡し易い、あるいは

店員教育をなおざりにする店、など。

4. 不良加盟店とチャージバック

次項で述べるように、加盟店が一端「不良加盟店」の烙印を押されると、その後は、取引上の紛争が生じチャージバックが発動された場合にはこの加盟店は圧倒的に不利な立場に立たされます。

5. 不良加盟店の探知

国際ブランドカード会社(VISAやMasterCardなど)は次ぎのような探知・通報システムを展開しています。いずれも大容量のコンピュータを駆使して、加盟店における不正行為を探知し、その事実を世界中のメンバー(アクワイアラ)に通知します。

① RISシステム

VISA Worldwideのアクワイアラのリスク管理を保管し、怪しい取引を行う加盟店を特定し、これをアクワイアラへ通告し、不良加盟店を排除することを目的とする危険識別探知・通告サービスです(Risk Identification Service)。このシステムのもう一つの狙いは、チャージバック件数をできるだけ小さくすることです。

② 8%merchant watching system

MasterCard Worldwideの不良加盟店識別・警報システムです。一定期間における、加盟店に対するチャージバック件数、偽造カードや紛失カードによる取引件数、不正売上伝票取扱件数などの事故取引件数・金額を分子とし、総売り上げ数・金額を分母としてその割合が8%を超える加盟店をあぶり出し、その結果をまず関係アクワイアラへ通告し、次いでSecurity Bulletinに公開するシステムです。

③ Security Bulletin での公開

不良加盟店名の公開期間は6~12ヶ月です。これにより、この加盟店に対して無条件でチャージバックを行うことが認められ、アクワイアラはこれに対抗することはできなくなります。

④ 加盟店情報交換センター(JDM)

日本クレジット協会は経済産業大臣から認定された業務の一環として、クレジット利用者等の利益を保護するために必要な情報の収集・整理・提供を加盟店情報交換センターで行っています。共同利用される主な加盟店情報は次のとおりです。

  1. 加盟店に係わる苦情処理調査事実とその理由
  2. 利用者の保護に欠ける行為など
  3. 行政機関が公表した事実についてJDMセンターが収集した情報
  4. その他、利用者の保護に欠ける行為に関する情報、など(筆者注)「JDM」の本文は分かりません。「不明解略語辞典」にも掲載されていません。
  5. 買い回りチェックシステム

クレジットカード会社が導入しているカード不正使用探知システムです。
買い回りは、次ぎの行為をさします。

  1. 短期間で換金率の高い商品を大量に購入し、カード会社から請求書が送られて来る前に姿を隠してしまう行為。
  2. 偽造クレジットカードを使って買い回る行為。

6. 加盟店をめぐる犯罪手口

クレジットカード犯罪はその6割が加盟店を舞台にしで発生しています(国際ブランドカード会社の統計)。加盟店をめぐる犯罪にはいろいろな手口がありますが、ここではそのうちの主な不正行為をリストアップしておきます。

  1. カード情報の横流し
    加盟店に置かれたカード端末機に読取られたクレジットカードの個人情報がなんらかの手段で不正に持ち出され外部に流出する(売却される)ケースです。
  2. 架空売上伝票の作成・伝票の改ざん取引が無いのにあたかも取引があったように見せかけて売上伝票を作成する、実取引で作成された売上伝票の金額や日付などを改ざんする、あるいは、高額の取引で義務付けられているオーソリ請求を回避するために取引伝票を小口に分けて複数の伝票を作成するケース、などです。
  3. 外部犯罪者との共謀
    外部の犯罪者と手を組み、多重債務者が他人のカードを使って多額の買い回りをしているのを黙認する、あるいは、偽造カードと分かっていながらその使用を黙認するケースなどです。
  4. たこの足食い
    事故キャッシングとも呼ばれています。資金繰りの手段として、架空伝票を作成してアクワイアラから資金を受取り、その後取引がキャンセルされたと称して返金するケースです。
  5. 夜逃げ
    数ヶ月間、真面目に商売しているように見せかけ、折を見て多額の架空伝票を作成してアクワイアラから現金を受取り、店を捨てて住所を晦ませてしまう手口です。
  6. 名板貸し
    加盟店が、カード会社の加盟店審査に落ちた商店等(小口の店,屋台など)に対し、自店に与えられた「加盟店」の名義を貸す行為です。

7. アクワイアラ責任論

加盟店で不正行為が発生下場合その責任はどこにあるのか。という問題が議論されています。

当初は、責任は、悪用され易いカードを発行したイシュアすなわちカード発行会社にある、と言われてきましたが、年月の経過とともに、責任は犯罪が発生し易い環境を見逃してきた加盟店管理会社、すなわちアクワイアラにあると言われるようになりました。加盟店手数料の分配に絡む問題です。

8. むすび

以上、加盟店そのもの並びに加盟店をめぐる犯罪行為について整理してみました。加盟店をめぐる犯罪の中身などを知ると、なんとなくクレジットカードを使うのを躊躇(ためらう)いたくなるかも知れません。

われわれとしては、要するに「クレジットカードは便利だが危険が一杯」あることを充分わきまえて、自分のカード情報をしっかり守っておくしかありません。

関連記事

提携カードの種類

提携カードは通常次ぎの4種類に分けられます。カード会社と提携企業との間のカード発行にかかわるコス

記事を読む

楽天カード

まえがき 最近、「楽天」という文字がネット上で頻繁に目に付きます。楽天について私は提灯記事を書

記事を読む

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA Internati

記事を読む

財閥と銀行

山崎豊子の小説「華麗なる一族」(1973年新潮社出版)をお読みになった方は多いと存じます。神

記事を読む

ID アウトソーシング 

アウトソーシングとは アウトソーシングを直訳すると「外部の資源」となります。業界では、「自

記事を読む

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常

記事を読む

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口

記事を読む

電子マネー

まえがき 先に「銀行離れ」の項で触れました電子マネーについて、少し詳しく触れて見ましょう。最近

記事を読む

インターネット・バンキング 

インターネットバンキングとは、銀行がネット上提供する銀行取引のサービスです。銀行の窓口、また

記事を読む

暗証番号

まえがき ATMやパソコン、スマホの操作はいまや日常茶飯事となっています。そして、この操作

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する 審査に不安…でもクレカが欲しい!そんな方にオススメの1枚 クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑