サイトマップ

公開日: : 最終更新日:2015/07/05

ザル法と無法地帯

まえがき

皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません。極端にいえばこれは「法律の欠落」です。

しかし独立した規正法が無くても、クレジットカード業界は立派に育ち、さまざまな悪と戦い、社会生活にしっかりと根をおろしています。

しかし、法律が欠落しているがゆえに、その弱点に付け込んだ犯罪が発生します。本項では、裏から見た法律の話をしてみようと思います。

ザル法、法律の抜け穴、法律の欠落、法律と現実の格差、などの言葉が浮かび上げってきます。クレジットカードの領域に照準を合わせながらこの問題を考えることが本項の目的です。

しかし、目的に沿った答えは見つかりませんでした。

1. ザル法とは

ザル法とは、法律で禁止・規制されているが、例外や抜け道の余地が多く、事実上その法律が有効であると言えない状態になっている法律をいいます。

米国では禁酒法がザル法の典型といわれています。

同法は、お酒の売買、製造、密輸を禁止していましたが、医者の処方箋で薬としてお酒を飲む、施行前から蓄えていたお酒をのむ、あるいはカナダへ出かけてお酒を楽しむ、などはすべて合法としていました。

日本では、政治資金規正法や買収禁止法がザル法の好例といわれています。

2. 法律の無法地帯とは

よく「法律の抜け穴」という言葉を耳にします。法律の抜け穴は「脱法行為」そのものではありません。「法律上の欠落」と「法律と世間の常識とのギャップ」とを組み合わせた意味をもっています。

「脱法行為」とは、「違法性を認識しながら意識的に法の適用を免れようとする行為」です。

一方、「法律と世間の常識とのギャップ」とは、法律上定められた考え方と世間一般の常識とが異なること」です。

例を挙げて説明します。他人の話を盗み聞くことは世間一般の常識から言えば好ましくない行為ですが、日本では盗聴そのものを規制する法律はありません。

法律上は「たんに他人の話を聞いた」だけの意味となり聞いた人は罰せられません。

ただし、盗み聞きをするために他人の家に住居侵入して盗聴器を据えつける行為、あるいは盗み聞いたことを他人に洩らして名誉を毀損する行為は、刑法によって住居侵入罪あるいは名誉毀損罪という罪名で規制されています。

1. クレジットカード犯罪取締法の欠落期間

今から30年ほど前の話ですが、クレジットカード関連の犯罪については、以下に示すように、最長10年間も規正法が存在しない期間がありました。

隣国の犯罪グループがこの空白地帯に目をつけて、大挙して日本に密入国してきました。ここで言う空白期間は、ある犯罪が初めて発生した時から取締法が制定された年までの期間のことです。

犯罪態様 始期 取締法の制定時期 空白期間
カード偽造、ATM犯罪 1981年頃 1981年刑法改正 6年間
パチンコカード偽造 1985年頃 1989年前払式カード規正法 4年間
スキミング、など 同上 2001年刑法改正 6年間
集団密入国、 蛇頭 1990年頃 1990年入国管理法改正 7年間
マネーロンダリング 1993年頃 2000年組織犯罪処罰法 7年間
2001年外為法改正 9年間
2002年本人確認法 10年間
ピッキング 1998年頃 2003年ピッキング規正法 5年間
ヤミ金 同上 2003年闇金融規正法 5年間

2. まだ残っている無法地帯

まだ残っているケースを探しました。以下の4っが見つかりました。

盗聴

現在、日本では盗聴に関しては規制法はありません。盗聴器の製造、販売、設置、所持、配布、盗聴行為そのもの等は法制上は野放しになっています。

盗聴器を据えつけるために他人の家に無断ではいれば、刑法の住居侵入罪で、あるいは電波法違反で間接的に規制されています。

オンラインアイテムの借りパク

不正アクセスを伴わない、オンラインゲームのアイテムの盗難、俗に言う「借りパク」(借りてパックてしまう)に対しては、法律は無力だと言われています。

アイテムを窃盗罪の「財物」と認定できるかどうかについて学説が分かれているからです。

企業通貨

買物をした場合与えられるポイント、航空会社のマイレージポイント、電子マネーのポイントのような企業通貨を運営する企業本体が倒産した場合は、ポイント所持者を救済する法律はないようです。

既存の法律がケースバイケースで適用されています。前払い式カード規正法がその好例です。

マンスリークリア決済

2008年の改正により、割賦販売法の第2条の「割賦」の定義が見直されました。

従来の「2ヶ月以上かつ3回以上」の分割払いに加えて、「2ヶ月以上後の1回払いと2回払い」も分割払いとされて同法の規制対象となりました。

しかし、「翌月1回払い」(マンスリークリア)は、たんなる決済方式としての性格が強いという理由により、割販法の規制の対象外とされました。

その後、このマンスリークリア方式を悪用するトラブルが急増しています。サクラサイト商法(注1)や情報商材(注2)においてこの1回払い方式が利用され、その結果、加盟店調査義務を課されていないクレジット業者や小規模店舗が取引内容を把握できない悪徳商法が多発しています。

(注1) サクラを使って利用者から金銭を騙し取る商法です。
(注2) ネット上で、ハウツー、株式売買成功法、異性にもてる方法競馬必勝法などの情報を売りつける商法です。

3. ザル法の下・無法地帯で蠢く悪徳業者など

例を5つ挙げておきます。まだ外にあるかもしれません。教えてください。

名簿屋

名簿屋とは、個人を特定できる情報を整理して検索できるような状態にまとめた形にして、これを売買する業者のことです。彼らは通常5,000件を超える個人情報データベースを商売の種に供しています。

個人情報保護法23条2項は、本人から削除の申し出があった場合は、必ず削除することを条件にして、個人情報の販売を認めています。

名簿屋の中には、資産を持った高齢者やキャバクラ女性・ホステスの名簿を専門に扱う悪徳業者が多数います。

キャバ女性はお金に困っている、あるいは必要としている人が多くヤミ金融業者が格好のカモとなっています。また、彼らは、適当な社団法人の名目で高齢者の相談に乗る形(エンディングサポート)で個人情報を集めています。

上記23条2項は「あらかじめ本人に通知し、または“本人が容易に知りうる状態に置いているとき」という文言があります。この文言が問題です。

常識的に見て、誰だとわからない名簿業者を探し出しことは困難です。到底「容易に知りうる状態」とは言えません。

まして、この業者Aが同業者Bに、そしてBがCに情報を提供するという連続横流しが続いた場合は、Aを探し出すことは不可能でしょう。この意味で、個人情報保護法はまったく効果なし、ザル法と言われて当然です。

クロスボーダー取引を悪用する業者

悪徳名簿屋から個人情報を入手した特殊詐欺(旧名:オレオレ詐欺、振込め詐欺、母さん助けて詐欺、など)犯の首謀者は自分の存在を隠し、逮捕を免れるために外国(主として中国)に本拠を構えて日本に電話してきます。

また、決済代行業者のうち悪意のある業者は、決済関連データをわざと国外に持ち出しで処理し、本来の業者や官憲の追及を晦ましています。

さらに問題視されているのが、これら業者のデータ保護セキュリティの弱さ、データ保持・管理の杜撰さです。

クレジットカード会社はPCIDSSに基づく確実なセキュリティ網を築き上げ、決済代行業者に対してもこれを守るよう求めますが、代行業者の段階でこのセキュリティ体制はで弱くなりがちとなり、不正アクセスの格好のカモとなります。

データセキュリティ管理の杜撰さとクロスボーダー取引の悪用がセキュリティ関係ルールの抜げ道となっています。

コンピュータウイルス作成・頒布者

不正ウイルスに関する法規制は従来は刑法の業務妨害罪が適用されていましたが、その後、電子計算機損壊等による業務妨害罪が新設されました(234条の2)。

しかし、両条項の関係は明白でありません。また、ウイルスの作成や有害プログラム(予期しない、または望まない影響を及ぼす悪意・害意のプログラム)を配布しているサイトに対しては、まだ明確な取締り規定はありません。

また、不正アクセス禁止法は国内法ですので、海外から配布された不正ウイルスの発信元を抑える力はありません。

出会い系サイト運営業者

警視庁の調べによると、児童・青少年に対する性犯罪は、最近、コミュニティサイトや出会い系アプリにシフトしているそうです。

出会い系サイト規正法第2条は、異性交際希望者と相互に連絡することができる役務提供事業者について厳格な定義を定めています。

コミュニティサイトや出会い系アプリはこの定義の枠外のサイトです。つまり、これらのサイトの運営業者は、出会い系サイト規正法の対象外となっています。

出会い系サイトのみを規制するこの法律は対象を失った形となり、ザル法と称されるようになりました。

貸金業法のもぐり屋

2010年に施行された改正貸金業法は総量規制として次のとおり定めました。

借り手は、

  1. 年収の3分の1以上はお金を借りることは出来ない。
  2. 専業主婦は自分名義でお金を借りることが出来ない(夫の承諾が必要)。

貸し手は、

  1. 15%~20%を超える金利でお金を貸すことはできない。
  2. 資本金5,000万円以上の大企業でなければお金を貸すことができない。
  3. 借り手の年収を確認する義務が新設された。

しかし、この法律には大穴があいています。その理由は、貸金業の看板をはずせば換言すると、消費者金融業やクレジットカード会社の名義でお金を貸さなければ、この法律は適用されません。

銀行の名前でお金を貸せば貸金業法の適用外となるわけです。最近、「xxx銀行カードローン」という広告がよく目に付くようになりました。

銀行の名前を使えば総量規制にかかわらずじゃんじゃんお金をかすことができます。 この法律がザル法と呼ばれる所以です。

一言つけくわえます。この改正法律の施行により、クレジットカーの現金化ビジネスとヤミ金融業者が増えたと伝えられています。つまり、同法は「法律をいくらいじくっても借金漬けの人の数は減らない」という教訓を示してくれました。

6. むすび

いろいろと訳のわからにことを書きました。法律って難しいですね。

関連記事

インターネット・オークション

オークションは、競売、競り売り、セリ、などと呼ばれています。塩辛声を張り上げる築地市場の魚市

記事を読む

ビットコイン

まえがき 「銀行離れ」の項でちょっと触れましたが、ここで「ビットコイン」(BITCOIN=

記事を読む

庶民金融と金貸しの生い立ち

庶民金融とは、金貸しが個人や零細企業に対して行う小口、短期の融資のことです。銀行による個人向

記事を読む

サイバー攻撃と不正ウイルス

まえがき 「サイバー」とは英語のcybernectics「人口頭脳研究」の綴りの前半分を使

記事を読む

クレジットカードの素描(カードの目的)

カードの目的 大別すると、個人専用、法人専用、個人事業者専用(ビジネス)、福祉専用等のカード、

記事を読む

金(gold)をめぐる話

まえがき 「不思議に金(gold)に縁があるなー」と私は思います。と言って、私は決して金の

記事を読む

財閥と銀行

山崎豊子の小説「華麗なる一族」(1973年新潮社出版)をお読みになった方は多いと存じます。神

記事を読む

暗号

1. 暗号とは 暗号とは「通信内容を第三者に知られないように文章を符号化し安全かつ効率よく送る

記事を読む

貸金業法

1. まえがき 「お金を貸す」という言葉を聞くと、私どもはすぐ、高利貸しとか、ヤミ金とか悪

記事を読む

クレジットカードをめぐる犯罪

1. まえがき クレジットカードをめぐる犯罪も種は尽きません。後から後から新しい手口と

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する 審査に不安…でもクレカが欲しい!そんな方にオススメの1枚 クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑