サイトマップ

公開日: :

消費者金融とメガバンク

まえがき

世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを、借金地獄に引きずりこんで一儲けしようと企んでいる人が沢山います。

巧みな広告、甘言の裏には怖い罠が隠されています。以下の記事を前述した「庶民金融と金貸しの生い立ち」という項とともに読んでください。

1. サラ金の誕生

1990年代初めのバブル経済崩壊後、経済的に苦しむ家庭が急増しました。1992年に施行された暴対法の締め付けや不況により、暴力団員がサイドビジネスとして借金取立に参入してきました。

1993年に自動契約機が導入されました。1995年にそれまで深夜帯のみに限定されていた借金勧誘のテレビコマーシャルがゴールデンタイムに放映することが出来るようななりました。携帯電話が普及してきました。

サラ金はこのような土壌から生まれてきたと言われています。。

2. サラ金の呼び方

次のようにいくつかの呼び方がありますが、いずれも法律用語ではありません。メディアの呼び方です。、

  • 団地金融
  • サラリーマン金融(サラ金)
  • 街金(マチキン)
  • 消費者金融
  • ローンシャーク(loan shark=ローン鮫)

3. サラ金大手6社

俗称サラ金大手6社を誕生年の順にリストアップすると次のとおりとなります。

  • 1959年 三洋信販(当初:三洋商事)
  • 1960年 アコム
  • 1961年 プロミス
  • 1964年 レイク
  • 1966年 武富士
  • 1967年 アイフル(当初:松原産業)

4. サラ金地獄

まず、借金の期限が来ても返さないとどうなるか、を考えてみましょう。

  • 最初の数日間
    自宅に電話がかかってくる
    職場に電話がかかってくる
    請求書が届く
  • 延滞1~2週間
    電話が執拗になる
    この段階からやくざが顔を出してくることがあります
    第1次身辺調査が始る
  • 延滞2週間~1ヶ月
    親族に連絡がいく
    取立がくる
  • その後 延滞1ヶ月~
    親族に請求がいく
    借主のプライバシー調査が始る
    取立が執拗になる
    滞納が3ヶ月以上続くとブラックリストに登録される
    個人信用情報機関のブラックリストに登録されると、その後は新たに借入の申込みをしても審査に通らなくなります。

1990年代、借金取立に際し経済ヤクザが顔を出すと、「目ん玉売るか」、「肝臓売るか」、「金が無ければ内臓を売れ」、「くじら、蟹業に行かせるぞ」、「死んで保険金で返せ」など非人道的なセリフが飛び出し、過酷・執拗な取立で一家心中、自殺に追い込まれる家族もありました。

今は、こんなことを言ったら即逮捕です。このような悲惨な状態が借金地獄と呼ばれています。このようなあくどい取立は、悪質な金融業者やヤクザに限った行為ではありません。国も国民健康保険の保険料滞納者に非人道的な取立、差押えをした事件が発生し、国会で問題化されたケースもありました。

5. 3K問題

  1. 高金利
    「借金と金利」の項を読み直してください。
  2. 過剰融資
    借金を返得させるためにさらに借金させる行為です。
    「借金を質に置かせる」行為で無理やり金銭を工面させる悪質なやり方です。
  3. 苛酷な取立
    「サラ金地獄」と「借金と自殺」の項を読んでください。

6. 借金と自殺

警察庁によると、2006年の自殺者数は32,155人、そのうち多重債務者は約8,000人と推定されています。同年8月、借り手が死亡・重度障害者で返済不能になった場合に備えて、借り手を生命保険に加入させサラ金業者が保険金の受取人となって、債務の返済に充当した事件が発生しました。

また、厚生省人口動態統計によると、1997年の自殺者数は2,491人、翌8年は3.6倍の33,863人と急増しています。これらの統計から、借金苦による自殺がピークに達したのは1990代後半と推定されます。

7. 消費者金融業者の悪徳商法

悪徳商法の主な手口をいくつか紹介しておきましょう。

  • 高金利
  • 苛酷な取立
  • 回し
    返済できない借り手を別の金融業者に紹介する。
  • おまとめローン
    複数のローンを一本化すると称して、延滞された金利を元本にくみいれ手元本を増額し、あらたな担保を取って貸し付ける。過払い金で返す必要のない金額を新しい債務に組み込んでしまう。
  • 過剰貸し付け
    借金を返済させるためにさらに借金させる、あるいは、借り手が必要ない資金を無理やり押し貸しする。
  • 貸し付け限度の無断引上げ
    健全な借り手の金銭感覚を麻痺させる手口。
  • 命担保の貸し付け
    借り手に無理やり生命保険をかけさせる。
  • 個人信用情報の横流し
  • 取立記録の改ざん
  • 離職者支援資金貸付制度の悪用
    離職証明書、源泉徴収票を偽造し、これを使って多重債務者を貸付制度の申請者に仕立て上げる。

8. サラ金と貸金業法

お金の貸し借りは、私どもが日常生活の歯車を円滑に回す上で必要な潤滑油です。金貸しの親玉は日本銀行を頂点とする銀行団で、一昔前までは主として大手企業向け大口融資を行っていました。

その銀行業務を規制するのが銀行法です。しかし、お金を貸す仕事を本業としているのは銀行だけではありません。民間の金融業者もいろいろな局面、例えば中小企業経営者向けの運転資金や個人向けの生活費などの小口融資の面でで活躍しています。これら金融業者を規制するのが貸金業法です。

出資法、割賦販売法、ヤミ金規正法、金利制限法とあいまって消費者金融規制5法と称されています。貸金業法はかって貸金業規正法と称されていましたが、2007年の改正で貸金業法と改称されました。

悪徳金融業者を取り締まる厳しい法律ですが、当初は消費者金融業界や俗議員の激しい抵抗で改正にてこずった時期がありました。同法の内容、成立経緯については「貸金業法はわが国の消費者金融の歴史」で詳しく述べておきました。

9. サラ金の消滅

前述した5。の「3K問題」並びに7.の「消費者金融業者の悪徳商法」が社会問題化されて貸金業法の改正を促し、業界は自滅していきました。驕る平家は久しからず、の好例です。

10. サラ金の復活

歴史的に見ても、庶民の間の小口金融は社会生活上不可欠なことは明らかです。悪徳金融業者は、最高裁の1968年判決(過払い金返還請求)や2006年判決(期限の利益喪失と利息制限法超過金利)と貸金業法の施行で息の根を止められたようにみえましたが、社会生活上の資金需要は決して衰えません。

最近、業界復活の動きが散見され始めました。1~2の例を挙げておきます。

  1.  三菱UFJの傘下に入ったアコムが地銀や大手銀行と提携し、銀行の個人向けローンの保証業務を受託する動きを示しています。
  2. 自民党が、貸金業法の規制を緩和する方向で検討を始めています。(2014年5月22日付け日本経済新聞)。
  3. 銀行カードローンや即日借入可能の広告が増加しています。
11. サラ金とメガバンク

かって銀行法は、銀行の貸付を大企業への大口融資に専念させていました。2001年の金融ビッグバン以降、金融業界の大編成が起こりました。メガバンクが多数の小口金融業者を囲い込み、提携し、資本参加して自社の傘下に納めました。銀行が銀行ローンという名の下で甘みのある消費者金融業務へ乗り出してきました。

12. 結び

借金は「社会の必要悪」と言われています。借金は社会生活を順調に転がす上で必要な「潤滑油」です。借金そのものを否定することは出来ません。ただし、「借金は怖い」。

という感覚を常に持つことが大切です。コレステロールに善玉と悪玉とがあるように、金持で他人にお金を貸しつけて利益を得ようとする人にも、良い貸し手と悪い貸し手とがいます。金持のなかには悪い貸し手が隠れています。

彼らはあくどいやり方で暴利を貪ろうとする人たちです。これが怖いのです。くどくは言いません。なるだけ借金しないことです。

(付録)
  1. 銀行カードローンとキャッシングの違い
    クレジットカード業界は、キャッシングは「翌月一括返済」、カードローンは「リボまたは分割払い」と区別しています。
  2. リボ返済の恐ろしさ
    リボ返済は毎月返済する金額が同じなので、返済金額増加への抵抗感が麻痺します。つまり借金するという感覚が希薄になります。借金地獄、多重債務の始まりです。
  3. 1日借金(江戸時代のいわゆる烏金)の金利払い
    借金したその日に返済しても1日分の金利は払わなければならないのか?
    民法140条の「初日不参加の原則」により、当日の借金残高がゼロであれば金利はかかりません。
  4. フリーローンとカードローンの違い
    フリーローン・・審査は通り易い。返済を続けて利用枠がでても新たに借金することは出来ません(一度借りたら後は返すだけ)。
    カードローン・・審査は厳しい。限度枠の範囲内で枠が残っている場合は、何度でも借金できます(枠内で自由に追加融資ができる)。

関連記事

インターネット・オークション

オークションは、競売、競り売り、セリ、などと呼ばれています。塩辛声を張り上げる築地市場の魚市

記事を読む

個人信用情報機関

現在活躍している個人信用情報機関 個人信用情報の中身 個人を特定するための

記事を読む

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識

記事を読む

暗証番号

まえがき ATMやパソコン、スマホの操作はいまや日常茶飯事となっています。そして、この操作

記事を読む

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA Internati

記事を読む

オーソリゼーションと信用照会端末

Ⅰ オーソリゼーション 1. オーソリゼーションの説明 貴方が東京のある有名な商店街にある貴

記事を読む

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジッ

記事を読む

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありませ

記事を読む

銀行離れ

まえがき この原稿を書いている真っ最中の12月7日、朝日新聞の社説を読んで私はプット吹き出

記事を読む

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったり

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する 審査に不安…でもクレカが欲しい!そんな方にオススメの1枚 クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑