サイトマップ

公開日: :

クレディセゾン

まえがき

帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて 林野宏氏(当時、クレディセゾンの常務取締役、社長は竹内敏雄氏でした) にお会いしたのは1986年のことでした。

流通系クレディセゾンとダイエーOMC, 信販系の日本信販の3社の銀行系VISA International への加盟話が持ち上がったときでした。眼光けいけい、「切れ者」という印象を得たことを覚えています。

それから約30年が経過し、林野氏はいまやクレディセゾンという大手クレジットカード会社を統率される名社長として活躍されています。

同社は最近東南アジアにも進出しています。その急激な成長に私は興味を持ち、同社の源流を辿ってみました。以下はその記録です。

1. セゾングループ

セゾングループは、堤康次郎が創業した西武鉄道を中心とする西部企業グループです。最盛期には、12の基幹グループ・約100社を擁しました。

堤康次郎の死(1964年)後義明、清二(故人)の2兄弟が事業を継ぎ、1971年、このグループは鉄道部門と流通部門の二つに分かれました。

流通部門を旗揚げした堤清二は、流行の先端、若者文化や先進的アートとの協調などを重視するいわゆる「感性の経営」と称される独自の文化戦略を進め事業を拡大しました。

当時のセゾングループの中核流通5社と称される企業は次のとおりです。

西武百貨店 百貨店業
西友 小売業
クレディセゾン クレジットカード業
西洋フード・コンパスグループ 飲食店業
クレディセゾン クレジットカード業

バブル崩壊後、日本経済が長期不況期入ると、この「感性の経営」戦略も行き詰まりを見せ始めました。百貨店離れ、スーパー離れがあらわになりました。

加えてイトマン事件が発生、西武百貨店が裏社会のフィクサー許永中とかかわったなどが報道され、その企業イメージが損なわれてきました。

カリスマ的な堤一家を信用の裏づけとした体制や堤清二のワンマン体制が崩れ、グループ内企業のリストラが進められました。

第一勧業銀行を中心とする取引銀行団が強く働き西武観光開発も清算を余儀なくされ、セゾングループは2001年に事実上解散に追いこまれました。

しかし、その後も、グループ内のセゾン系各社の結束は続き、西部百貨店を傘下に置くミレニアムリテーリング㈱はセブン&アイと合併し、2006年、クレディセゾンはセブンホールディングスの「SEIBUプリンスカード」を発行、2011年、それまでクレディセゾン単体で扱ってきたそごう・西武の提携カードを㈱セブンCSカードサービスへ事業譲渡するなど、クレディセゾンの体制建て直しが進めら得ました。

2. クレディセゾンの誕生

1989年、流通系クレジットカード会社として誕生しました。1990年代に活躍する同系の大手クレジットカード会社としては、同社のほかダイエーオーエムシー、イオンクレジットサービスマイカルカードがあげられます。

現在の林野社長は西武百貨店からクレディセゾンに乗り込んでこられました。当時、若手人材の柔軟な発想を積極的に採用する会社としてその名が広がっていきました。

母体は、上述したセゾングループで、同社はこのグループの中核5社の一つとして、グループを支えていました。成立・成長経緯を詳しくみると次のとおりとなります。

成立経緯

(ア) 和洋家具専門店 岡本商店

1951年 月賦制の小売店 緑屋
1980年 ㈱緑屋から㈱西武クレジットに改名
1982年 西武カード発行開始
1983年 西武カードからセゾンカードに改称
1986年 VISA(Special Licenseeとして), MasterCard と提携
1988年 社名を株西部クレジットから㈱クレディセゾンに変更
1995年 JCBと提携
1997年 AMEXと提携
1999年 銀行との一体型カード、荘銀セゾンカード、スルガセゾンカード発行
2003年 出光興産とカード事業部門における包括提携、出光カード発行
2004年 高島屋とカード事業の戦略的提携、タカシマヤセゾンカード発行
同上 みずほFG、みずほ銀行、ユーシーカードとクレジットカード事業における戦略的業務提携
2005年 ユーシーカード(UC会員事業会社)と合併
2006年 静岡銀行と事業提携、静銀セゾンカード㈱設立。
2007年 キャッシング金利上限を18%に引下げ
同上 業界初の総合プロセシングサービス専門会社、キュービタスを設立。
2010年 セブン&アイFGと包括的業務提携
同上 AMEXとの提携関係を強化
2011年 業界初、「永久不滅ポイント」でネットショッピングの決済を可能化
同上 中国銀聯と日本国内における加盟店業務で提携

3. クレディセゾンのクレジットカード取扱高

クレディセゾン(単体)のクレジットカード取扱高を調べて見ました(月刊消費者信用、各年9月号による)。

ショッピング キャッシング 合計
1996年度 8,695億円 6,648億円 1兆5,343億円
2013年度 3兆8,529億円 2兆5,680億円 6兆4,210億円
  • 主要クレジットカード会社の取扱順位(注)
    1996年度  5位
    2013年度  3位
    (注) 1位のJCBグループ, 2位のVISAグループの計数はいずれもグループ内各社の合計数であり、しかも計上基準が統一されていなので、単純比較は困難です
  •  16年間で、取扱高は。約4.2倍に増えています。

4. キャッシングに注力

クレディセゾンのキャッシング取扱高の推移を見ると、平均的にみて他社に比べキャッシングの数字が大きいようです。この傾向は現在も続き、「おまとめローン」、「来店不要」、「即日融資」をモットーとしてキャシングに注力しているようです。

5. 永久不滅のポイント

クレディセゾンが2006年にカード業界で初めて打ち出したカード会員へのポイント還元制度です。

  • 永久不滅……ポイントは通常しよう・交換期限がありますが、これが無制限。
  • 貯める………貯め方にいろいろな方法がある。
  • 使える………カードの支払いもポイントでOK.
  • 交換できる…家電など300以上のアイテムや商品券にこうかんできる。

日本には昔から、顔なじみの客へ割引・おまけをサービスする習慣がありました。ポイント制度は、この行為を定量化・システム化したもので、1958年、共通スタンプサービスという形で始りました。

なお、航空会社によるポイントサービスは、とくにマイレージサービスと呼ばれています。

6. 業界No1の債権管理・回収力

弁護士等第三者介入債権の新規発生件数

2005年 3,100件
2009年 5,900件(ピーク)
2012年 1,800件
2013年 1,500件(目標)

7. 国際ブランドカード会社との提携

1986年 VISA Special Licensee
同上 MasterCard
1995年 JCB
1997年 AMEX

8. 流通系と銀行系との結びつき

【ユーシーカードを吸収合併】

流通系のクレジットカード会社が銀行系のクレジットカード会社を吸収した注目すべき合併劇です。クレディセゾンの「合併に関するおしらせ」(2005年11月9日付け)は、これを次のとおり簡潔に述べています。

  1. クレディセゾンはみずほFG、みずほ銀行、ユーシーカードと戦略的業務提携を行うことで合意する。
  2. クレディセゾンは、加盟店・プロセッシング事業分割後のユーシーカード(UC
    会員事業会社)と合併する。
  3. これにより、クレディセゾンは、セゾンカードとUCカードの両ブランドを取り扱い、流通糸と銀行系のサービス機能を最大限に活用することにより、規模のメリットを活かした積極的な営業展開が可能となる。
  4. 合併の方式は、クレディセゾンを存続会社とする吸収合併方式で、ユーシーカード㈱(UC会員事業会社)は解散する。

【みずほFGと資本・業務提携】

2,004年、クレディセゾンはみずほFGとの間に資本・業務提携を結びました。これにより次の内容が実現されました。

  1. 銀行系と流通系というカード会社の設立母体の垣根を越えた日本初の金融業界の再編が行われました。
  2. 2006年の貸金業法改正に関連するキャシング業務の収縮に対応し、過払い金返還要求に備えた巨額な貸し倒れ引当金の積み上げられました。
  3. キャッシング収益に頼らない収益構造に改革されました。
  4. ヤマダ電機、三井アウトレット等の大型商業施設・専門店との提携が強化されました。
  5. 永久不滅のポイント・サービスが開発されました。
  6. キュービタスへのカード・ローン関連審査。信用管理などのプロセシング業務が委託されました。

9. 結び

偉大な創業者が一代で築きあげた財閥ならびにグループには、共通した歩みがうかがわれて興味深いところがあります。ただ、月日の経過とともに経営体質に大きな隔たりが生じてきました。

クレディセゾンの路線と毅然とした独立独歩の気風、そして業容の広さには瞠目すべきものがあります。今後、同社がさらにどのように成長し、新機軸を打ち出すのか、注目されます。

【独立独歩のスタンス】

  • みずほ銀行との関係

他の大手クレジットカード会社と異なり、メガバンクの傘下に入らず独自の路線を堅持、みずほグループとはつかず離れずという微妙な隔たりを保ちながら資本・業務提携を締結・維持しています。

【提携先の広さ】

金融機関 みずほ銀行、じぶん銀行、地銀、第二銀行など
流通 ローソン、西武百貨店、そごう、パルコ、ロフト、高島屋、西友など
鉄道 西武鉄道、地下鉄各線、東急東横線など
通信 SoftBankカード、ソフトバンクペイメントサービスなど
放送 wowow, ジュピターテレコムなど
その他 東京ガスエネルギー、TOHOシネマズ、日本サッカー協会、日本白血病研究基金、埼玉

関連記事

金(gold)をめぐる話

まえがき 「不思議に金(gold)に縁があるなー」と私は思います。と言って、私は決して金の

記事を読む

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。それは、「本体

記事を読む

サイバー攻撃と不正ウイルス

まえがき 「サイバー」とは英語のcybernectics「人口頭脳研究」の綴りの前半分を使

記事を読む

電子マネー

まえがき 先に「銀行離れ」の項で触れました電子マネーについて、少し詳しく触れて見ましょう。最近

記事を読む

チャージバックの認知度

一般のクレジットカード利用者は、どの程度「チャージバック」というカード取引上のトラブルや不正

記事を読む

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常

記事を読む

暗号

1. 暗号とは 暗号とは「通信内容を第三者に知られないように文章を符号化し安全かつ効率よく送る

記事を読む

オーソリゼーションと信用照会端末

Ⅰ オーソリゼーション 1. オーソリゼーションの説明 貴方が東京のある有名な商店街にある貴

記事を読む

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありませ

記事を読む

庶民金融と金貸しの生い立ち

庶民金融とは、金貸しが個人や零細企業に対して行う小口、短期の融資のことです。銀行による個人向

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する 審査に不安…でもクレカが欲しい!そんな方にオススメの1枚 クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑