サイトマップ

公開日: : 最終更新日:2017/10/13

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

カード研究家 小河俊紀

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。

はじめに

私は、今年8月に古希を迎えました。お祝いの宴席で、娘と孫たちが心の籠ったプレゼントをくれ、胸が熱くなる一日でした。

実は、50代の後半に、私は死線をさまよう大病をし、「いったい、何歳まで生きられるか?」という苦闘の時期がありました。

その病魔を乗り越え、数年後に60歳の還暦を家族に祝ってもらったことが夢のような経験でした。

ましてや、70歳を子供と孫に囲まれ元気で迎えられたのは、ただただ感謝です。

今から思えば、還暦~古希にいたる10年間はあっという間でしたが、間違いなくそれまでの人生と違う生き方をしてきた、と自認できます。

それは、「社会にお役に立つことの実践」でした。

気が付けば、いつの間にか中小企業を大企業につなぐビジネスマッチングがライフワークとなり、今にいたりました。

変わった人

大病をする以前から親しいお付き合いのある某友人は、私の顔を見るたび、“変わった人”と評します。

「大病もしたし、年齢からして今ごろ悠々自適な毎日を過ごしてよいはずなのに、どうしてそんなに次々と顧問先を変え、精力的に働くの?」と。

冗談半分に「そんなに稼いでどうするの?」とも。銭ゲバに見えるのでしょうか??(笑)

実際は月額固定方式ですし、解約もありますから、荒稼ぎにはなりません。

私の世代で働いている人はたくさんいます。でも、ほとんどの場合、ひとつか、ふたつの企業で働いています。

嘱託とか非常勤顧問という肩書であっても、それまでの人生と似た給与生活をされている方が多いと思います。

一方私は、一定期間で具体的な成果を求められる“顧問請負人”です。

契約期間は、エポスカードのように8年に及ぶ企業もありますが、平均して1~2年。短いと3ケ月の短期決戦です。

ある程度軌道に乗っている企業を、さらに成長できるよう直言・サポート活動を行うのが基本任務。例えば、ホームページの再編を提案し、私が絵コンテを書くこともあります。

大企業へのプレゼン資料は、かなりバッサリと修正します。ヴィジュアル中心で簡潔に仕上げます。

商品パッケージのデザインを変えることもあれば、社員の電話応対を指導することも。大企業としっかりお付き合いをするには、様々な業務点検・改善が必須だからです。

当事者が気づかない会社の長所を誉める一方、短所も直言するので、時折摩擦が起きます。

くたびれて、自虐的な嫌気が差すことも少なくないですが、それを乗り超え成果が出て、経営者から感謝された時にようやく至福の満足感に浸れます。

「実力と将来性がありながら販路拡大に悩む中小企業に寄り添い、カード業務の経験でサポートする仕事」が私の本業なのです。“顧客開拓”というカードビジネス本来機能の実践的応用です。

ちなみに、業種・地域を問わず顧問をさせていただいた企業は、この10年間で累計28社になります。

直接オファーをいただいたヤマハミュージックリース(現ヤマハミュージックジャパン)や、エポスカード、ジェーシービーといった大企業もありますが、人材会社(計3社。

後編で紹介)から持ち込んでいただいた中小企業が多くを占めます。私の本業を支えてくれる人材会社に感謝です。

大病と天啓

私が60歳にして顧問という職業に出会い、今でも続けていられるのは、いくつかの大きな契機と出会いに恵まれたおかげです。

1) 大病で聞いた天の声

前述のとおり、私は、2005年57歳の春に生死に関わる大病を患いました。今回はその詳細を省きますが、悪性腫瘍を通院で放射線治療しました。

5月から約3ケ月の闘病は、仏教でいう「無間地獄(むげんじごく)」そのものでした。絶望のどん底で、ある朝、自宅の居間から偶然流れてきた平原綾香の「Jupiter」に雷に打たれたような衝撃を受けました。

宇宙を連想する荘重な曲に加え、他者との絆を賛美する歌詞が、天からのメッセージに聞こえたのです。

自分で言うのも変ですが、間断のない地獄のような闘病の真っ最中に「宇宙の声、天の声」を確かに聴いた気がしました。

「これからは、今までの自己本位の生き方を変え、社会的弱者を救う利他の道を歩きなさい!」との厳しい叱責であり、激励でした。

2)病後、Fintecのビジネスモデルが突然閃き、特許となった

その後、病は幸いにも平癒に向かい、3ケ月後の2005年夏から職場復帰しました。

ちなみに、遡る事2年前の2003年6月にヤマハを早期定年退職した後、私は同社カード業務の下請け先である某決済代行企業に誘われ、営業部長として勤めていました。

カード会社とリアル商店街と消費者の間に立って、種々のカード決済を横断的に処理するハブ空港のような企業でした。

飲食業界専門の類似企業が1社あったものの、業種横断的な決済代行企業としては、当時日本唯一のパイオニア的存在でした。

カード業界が長かった私でも、その仕組みに驚愕したのですが、当時は加盟店手数料をかすめ取る怪しいブローカーのように誤解され、新規契約先を求めて訪問しても、冷たくあしらわれた苦い記憶が多々あります。

決済代行企業は、今ではネット通販分野で欠かせない中核産業に急成長しましたので、本当に今昔の感があります。

職場復帰後も、治療の後遺症もあって体調は非常に不安定でした。昼も夜も、不安な日々が続きました。

ところが、翌2006年秋頃の早朝、「クレジットカードの売り上げ情報を可視化し、与信する」ビジネスモデルが突如頭に閃きました(下図)。

弱小な小売店の資金繰りを円滑にする骨子です。

飛び起きて、設計図を描き、即日会社役員に実用化を具申すると、「そんな夢みたいなことを考える暇があるなら、あちこち営業に回ってください!」と即座に一蹴の羽目に。

私の発案は、相談した役員にはまったく通じませんでした。

結果、やむなく自力で特許出願。結果、2007年9月にビジネスモデル特許として正式に認可されました。その発明が新規性、進歩性をもつと国が認めてくれたわけです。

最近、大手メガバンクはじめ、「Fintec」が大きく注目されていますが、私が発案したビジネスモデルは、「ITと金融を組み合わせ、一切の決済を電子化する」という点で、正にFintecそのものです。

近年登場してきたネット出店事業者への融資「アマゾン・レンディング」や「楽天B2B」等も一種のFintecであり、私の特許の類似モデルとも言えます。

10年以上前に、Fintecの原型のような設計図を数時間で一気に書きあげた自分が、今思うととても不思議です。ハッキリ言って、大病の後に神仏の力が宿っていたとしか思えません。資金繰りと拡販に苦しむ中小企業=“社会的弱者”を支援せよと。

3)ハローワーク担当官との運命的出会い

私は、この会社を3年半務めた後、2006年末に依願退職しました。60歳定年直前でした。

公的年金支給開始にはまだ時間があるし、次の就職先は未定なので、かなりの不安を覚えながら、失業保険をもらうために取りあえず地元春日部のハローワークに足を運びました。

過去のサラリーマン時代に2回転職したものの、切れ目なく再就職したので、失業保険給付を一度も受けたことがなく、向こう1年間は毎月23万円の支給を受けられる保証でした。いわば、遊んで暮らせるはずでした。

ところが、最初の面接で応対された担当官が、「小河さんは、特殊な経験をされた専門家なので、ハローワークではなく民間人材会社が横断的に情報交換する専門家求人サイトにすぐ登録されてはどうでしょうか?」とそのサイトのURLを教えてくれました。

それが、私の60代以降を大きく変える契機になるとは、当時はまったく予想していませんでした。

(前編の終わり)

関連記事

今さら聞けない 「カードって、何?」 (前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カード馬鹿”が、その歴史と仕組み、賢い使い方

記事を読む

商取引カード

私のように「仕入れのない顧問業」なら、自分の工夫でカードを使い分け、資金回転を楽にできます。

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第4回 前編「クレジットカードを最初に考案した人と、マイナンバー」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第2回「信用と性格の関係」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」 

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 「消費者目線とは?」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り

記事を読む

特別企画:自他ともに認めるカードオタク小河氏コラム トンボの目:カードビジネスを俯瞰する 審査に不安…でもクレカが欲しい!そんな方にオススメの1枚 クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策 | クレジットカード審査まとめ.com スモールビジネスカードなら あなたの知らない! クレジットカード社会の真実
プリペイド決済の光と陰<5>

シームレスに決済(支払い)が完了し、現金どころかカードもスマホも必要としない新しい決済社会が訪れるのも、決して遠い将来ではないと、最近の科学技術の進展…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第16回「カードの本質と、ビジネスマッチングと、天啓」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードビジネスを俯瞰する 

プリペイドカード事業を規制するプリカ法(前払式証票の規制等に関する法律)が施行されたのは平成2年10月1日です。 …

カードビジネスを俯瞰する 

本論に入る前に、「カードバカ連載」で小河先生から過分な言葉を頂きました。お礼を言うのは私の方です …

プリペイド決済の光と陰<2>

クレジットカードビジネスは事業性を確立し堅調な成長を遂げています。ではプリペイドカードビジネスはどうでしょうか。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第15回「人の縁と、カード(第6回目の続編)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

トンボの目 カードビジネスを俯瞰する

はじめに 今回、初めて執筆メンバーとなりました中村敬一です。 末藤先生の功績、小河先生のこれまでの労作を拝見し…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(5)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(4)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(3)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(2)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります…

カードバカ連載 カードあれこれ 第14回―(1)「キャッシュレス社会と、人の幸福」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第13回 「ATMでのカードキャッシング不正使用事件」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、 カードに関するあれこれを、独自の…

カードバカ連載 カードあれこれ 第12回 「未来予測の3回連載 アップ後の余話」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります……

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(3)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(2)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

カードバカ連載 カードあれこれ 第11回 「カードの未来ってどうなる? その(1)」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

クレジットカード業界の二つの3C

まえがき クレジットカード業界には、前述しましたように審査の分野で3つのC, すなわち、character , capacityそしてcollateralの頭文字があります。 この業界…

PCIDSS

まえがき クレジットカード関連の犯罪態様は、大きく分けて、偽造カードにによる犯罪とIT関連の犯罪に2分されれます。換言すると、実社会(face to face)における犯罪と、サイバー空間に…

政府 vs クレジットカード業界

まえがき これまで政府は、クレジットカード業界(以下、業界と称します)に対してどのようなスタンスを取ってきたか、に焦点を当てて考えてみることにします。 この業界は純国産ではありません。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回 「日本人は、なぜ現金好きか?」 (後編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

加盟店をめぐる犯罪

まえがき 加盟店というとすぐ頭に浮かぶのは、コンビニ加盟店(セブンイレブンの店)やクレジットカードの加盟店です。…

悪徳商法のかずかず

まえがき 悪徳商法は昔から存在していました。筆者の幼い頃の記憶です。よく「押し売り」が裏口から入り込み、…

クレジットカード犯罪・トラブル関連判例集

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

カードバカ連載 カードあれこれ 第10回「日本人は、どうして現金好きなんでしょうか?(前編)」

判例を読むと「どうして裁判官はこんなに難しい言葉を使っでくどくどと物を書くのか」という気持ちうかびます。…

ザル法と無法地帯

まえがき 皆さんご存知のとおりクレジットカードについては直接的に全体を規正する法はありません…

オレオレ詐欺

1. オレオレ詐欺とは オレオレ詐欺(振込め詐欺)とは被害者に電話を掛けたり葉書を送ったりして対面することなく相手を騙し…

ATMをめぐる犯罪と対策

まえがき ATMは、現金大好きな日本の社会を支える重要なインフラの一つとなって、われわれの日常生活に溶け込んでいます…

カードバカ連載 カードあれこれ 第9回 「蕎麦打ちと放送大学と、カード」

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り…

消費者金融とメガバンク

まえがき 世の中には、これから社会人として第一歩を踏み出そうとする若い人、主婦、中小企業の経営者、あるいは多重債務に苦しんでいる人などを…

クレジットカード四方山話

まえがき クレジットカード業界の消え去る一老兵の四方山話を聞いてください。いろいろ経験しました。いろいろなハプニングがありました。

クレジットカードと保険

まえがき クレジットカード業界の保険制度は、カード会社が秘扱いにしており、さらに保険会社の隠蔽体質が重なって厚いベールに包まれています。

フィンテック(FINTECH)

まえがき 私は、数日前(2015年3月)、何気なくNHKのテレビニュースを聞いていて無意識のうちに姿勢をただしました。

ユーシーカード

まえがき ユーシーカードとDiners Clubとには共通点が一つあります。

クレディセゾン

まえがき 帝国ホテルインペリアルタワーの一郭を占めた創立早々のVISA International 東京事務所の応接室で、私が初めて

カードバカ連載 カードあれこれ 第8回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(後編) 

皆さん、こんにちは。カード研究家の小河です。前回は、キャッシュレスとは、個人消費だけの世界ではない」という持論の前編を書きました。

カードバカ連載 カードあれこれ  第7回 「キャッシュレスは、個人消費だけの世界なの?」(前編)

半世紀近くクレレジットカード一筋に関わってきた“カードバカ”が、カードに関するあれこれを、独自の切り口で語ります。

  • クレジットカード業界の健全な発展を願ってやまない元業界人。
    半世紀以上在籍し、業界を知り尽くしているがゆえにクレジットカードの素晴らしさを多くの方に伝えたい。と考えております。
    また、私の後輩が本サイトの運営を手伝ってくれていますので彼からは、ゴールドカードや年会費無料カードをはじめ使えば使うほどお得なカード情報なども提供いたします。
    さらにカード業界の著名人にもご登場いただきクレジットカードを持ちたいが何かしらの事情(審査、延滞等)で持てない方などのために有益な情報をご提供いたします.

PAGE TOP ↑